« 毎日が奇跡 | トップページ | あしなが世代 »

2004.12.15

ゆとり教育の子どもたち

 文科省の方針が間違っていたので、是正する・・・・


文科省「ゆとり」転換、授業時間増を検討

 文部科学省は14日、小中学校などの授業時間を増やすため、標準授業時間の見直しの検討に着手した。高校1年の読解力低下を示す今月7日の国際調査結果に続き、小中学生の学力低下傾向を示す結果が出たのを受けての措置。

 実現すれば1977年から減り続けていた授業時間が約30年ぶりに増加に転じることになり、文科省が推進してきた「ゆとり教育」の方針を、事実上、転換することになる。省内には異論もあり、慎重に検討を進めている。


 ところが授業についていけない子が問題になり、その反省から77年の改訂で、小中学校とも授業時間を削減。その後も、「ゆとり教育」や学校週5日制の実施で、標準授業時間は削られ続けてきた経緯がある。

 小中学校では中3の受験期などを除き、標準を上回る授業時間を確保しているのが実態だが、今後、授業時間を拡大する場合、長期休暇の一部や放課後を授業に充てるケースなども想定され、学校現場にも大きな影響が出そうだ。

 2つの国際調査で相次いで学力低下の傾向が示されたことについて、中山文科相は「学校週5日制や学習指導要領の削減が、必ずしも望ましい結果になっていないと思う。その点を率直に認め、対策を講じる必要がある」と述べた。

こういう結果がでることはおそらく当時でも直接教育にかかわっていた人たちにはわかっていたに違いない。
今ですら、年々(全体としての)生徒の学力は落ちてきているのだから、30年前から比べるとどれほど落ちているか・・・・

この30年間、後になればなるほど低い教育を受けてきたことになるというのを文科省は否定できなくなったのだ。
一番の被害者はこの間に教育を受けた人たち。ゆとり教育の名の下に育った人たちなのだ。

ただし、あくまで個人的な意見だけど、「全員がわかる教育を」といっている間はだめだろうな。

|

« 毎日が奇跡 | トップページ | あしなが世代 »

コメント

私の母、ばぁちゃんが「アンタの小学校の時、PTAじゃ学力偏重だー!って言ってたのよ。そこで『勉強はやらせた方がいいと思う』と言ったら(やーね、自分の子がちょっとできると思って)と、散々陰口叩かれて、懲りたからもう言うのやめたのよー」ですと。
じじばばの時代の考えだったのか…。
何を目指していたのでしょう?

投稿: わに庭 | 2004.12.16 19:21

みんなが一緒に・・・・優劣をつけずに楽しく勉強することを目指してたんじゃないかな。

目指していたものに向けて文部省も教師も一緒に努力した結果が今かな。

投稿: Cos | 2004.12.16 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/2277259

この記事へのトラックバック一覧です: ゆとり教育の子どもたち:

» ゆとり教育、見直しへ [単身赴任 杜の都STYLE]
教師の力量を高めることが、大切ではないでしょうか [続きを読む]

受信: 2004.12.16 08:06

« 毎日が奇跡 | トップページ | あしなが世代 »