« あなたのためにと虐待 | トップページ | ゆとり教育の子どもたち »

2004.12.14

毎日が奇跡

 採点で忙しいさなか、その採点から逃避するために読んでいた本ドクター・ヘリオットの毎日が奇跡(上)


ドクター・ヘリオットの毎日が奇跡(上)
ジェイムズ・ヘリオット

集英社
2004-03-19
売り上げランキング 57,654
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

このドクターヘリオットの本を読むたびに「どうして獣医にならなかったんだろう」ともう一度人生をやり直したい気持ちになる。もちろん、今となっては手遅れだけど、動物好きにはたまらない一冊だろう。

今回はデンマークの家畜輸送船に乗り込んで、荒れた海を楽しむというサイドストーリー付で、これはこれで独立した物語としても抱腹絶倒の面白さ。
その一方で、いつものようにしんみりとさせる話もあって、あっという間に読み進んでしまう。

こういう本は仕事がいっぱいあるときに限って読みたくなるから、当然のごとく仕事が遅れて、つまり睡眠不足が悪化・・・・というわけで「眠い」

|

« あなたのためにと虐待 | トップページ | ゆとり教育の子どもたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/2270389

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日が奇跡:

« あなたのためにと虐待 | トップページ | ゆとり教育の子どもたち »