« 夏休みが減る | トップページ | 奉仕活動? »

2004.11.10

磁性液体

 磁石にひきつけられる液体というのは今まで見つからなかったのかというと、必ずしもそうではないが、いずれも常温で扱うことができるような安定した物質ではなかったようだ。

磁性液体 常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

 鉄のように磁石に引き寄せられる性質(磁性)を持つ新しい液体を見つけたと9日、東京大大学院理学系研究科の浜口宏夫教授(物理化学)と大学院生の林賢さん(26)が発表した。常温で液体になる磁性体の発見は初めて。薬と結合させ、磁石を使って体内の目的の部位に運ぶ「ドラッグ・デリバリー・システム」や、表示装置への応用が期待できるという。

実際にはニュースの写真を見ただけでは磁石に吸い付けられる様子はよくわからないが、東京大学大学院理学系研究科・理学部にある磁石にくっつく新しい液体「磁性イオン液体」の発見の記事の中にある写真がとてもわかりやすい。

この磁石にくっつく新しい液体「磁性イオン液体」の発見ではイオン液体についても、

陽イオンと陰イオンのみから構成される塩であるにも拘らず常温で液体である一連の化合物をイオン液体(ionic liquid)と呼ぶ。常温溶融塩とも呼ばれる。通常の塩、例えば塩化ナトリウム(食塩)は、801度という極めて高い融点を持つが、イオン液体は常温で液体である。何故イオン液体の融点が異常に低いのか、その理由はまだ解明されていない。イオン液体は、高温安定性、不揮発性、高い酸化・還元耐性など通常の分子液体にはない数多くのユニークな特性を持っているため、環境調和型溶媒(グリーンソルベント)や新しい電気化学材料として強い興味が持たれている新素材である。

水溶液ではなく、単体で液体になっているということなのだろうけれど、実のところそういう物質が存在することもCosは知らなかったのではないかという気がする。

もしかしたらどこかで違う形で読んでいるかもしれないけれど・・・・

この磁性液体から、液体磁石が作れるのではないかと期待されている。
直接目に触れることは少ないけれど、身の回りのいたるところで使われているいろいろな磁石が液体磁石にすることができると、いろいろな可能性がそこから生まれるんだろうなぁ

|

« 夏休みが減る | トップページ | 奉仕活動? »

コメント

磁石にひきつけられる液体かあ……
不思議だな。

アルコールに引き寄せられる人間ならいっぱい知ってるんですけど。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.11.11 09:27

あんね、いまフリーのRPGやってるからか、
スライムみたいに見えるんだけど・・・

投稿: Cos | 2004.11.11 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1924203

この記事へのトラックバック一覧です: 磁性液体:

» 文学の触覚 [こすもす]
1月2日に行った東京都写真美術館の3つ目の展示。 「参加型の作品群に触れ、私たち [続きを読む]

受信: 2008.01.06 23:51

« 夏休みが減る | トップページ | 奉仕活動? »