« 本: バッテリー | トップページ | 大きな余震 »

2004.10.26

ネットと戦争

岩波新書から、2冊ほどNet関連の本が出ている。

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化
青山 南

岩波書店
2004-10
売り上げランキング 1,093


Amazonで詳しく見るby G-Tools
インターネット安全活用術
石田 晴久

岩波書店
2004-10
売り上げランキング 767


Amazonで詳しく見るby G-Tools

どっちも関心があったけれど、ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化を買った。
9.11の時にはblogがその威力を発揮したとも言われている(Cosはよくわかってない)けれど、
9.11以降のアメリカの文化をNetを通じてみることができる
(もちろん書いた人の目から見方でしかないがそれはそれでおもしろい)

まだ途中までしか読んでないけれど、内容もさることながら、
この本を読んでいると「英語が自由自在に読み書きできたらなぁ」と思う。
よく考えてみると日本語のサイトですら、思う存分読む時間がないのに、
たとえ日本語と同じぐらい英語が使えたとしても、
読みたいところをすべて読むなんていうことは不可能だとわかっているのだが,
それでも読めたらどんなにいいかと思う。

そうしてもうひとつ、
この本の中に出てくるWeb siteはURLではなくて、キーワードで表記されているのだ。
URLは変わるかもしれないけれど、キーワードは変わらない・・・・・

これって実はすごく便利なのかもしれない・・・


|

« 本: バッテリー | トップページ | 大きな余震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1780493

この記事へのトラックバック一覧です: ネットと戦争:

« 本: バッテリー | トップページ | 大きな余震 »