« ソクラテスの口説き方 | トップページ | ばんごはん »

2004.10.16

教員養成塾

 東京杉並区が自前の教員養成の塾を作ることを検討している。

独自の教員養成、東京・杉並区が「師範塾」

 東京都杉並区は15日、区が小学校教員を養成する「杉並師範塾」を2006年春に開設し、修了者を独自に採用する構想を明らかにした。

 自治体独自の教員養成塾は都が今年度から開設しているが、区市町村では全国で初めて。教員採用は都が一括して実施しているため、同区は構造改革特区として申請する考えだ。

 杉並区によると、入塾の対象者は小学校教諭一種免許を取得している人か、取得の見込みがある大学4年生。教育界だけではなく、経済や文化、スポーツ界などから幅広く公募し、約30人を受け入れる。1年間の研修期間を経て「修了者」と認定されれば、区立小学校の教員として区が採用する。

内容については疑問を持たないわけではないし、問題もあると思うけれど、
教員は教員になってしまうとほとんど研修などはなく教壇に立つことになる。
ペーパーテストや大人相手の面接や模擬授業などはどれほどよくても、
実際に子どもの中に入ると「実は適性がなかった」なんていうこともよくある。
(適性がないのに教員になっている人がどれほど多いか・・・)

本来、教壇に立つ前に学ぶべきこと、見つめなおすことは多いはずなのだ。

「免許を取りました」
「じゃあ、明日から教えてください」
じゃぁ、あんまりだものなぁ

|

« ソクラテスの口説き方 | トップページ | ばんごはん »

コメント

 そうですね、苦労してます、未だに(^^;(^^;

 あとは内容ですよね。それがどれだけ子どものためになることなのか、それだけがたった一つのとても大きい問題点です。

投稿: いぐぅ | 2004.10.17 10:05

「どの程度子どもたちのためになるのか」
だろうなぁ・・・
杉並区なら杉並区の望む教員像に近づけることで、
区のほうから見れば、「子どもたちのためだ」といえるわけだろうし、
どんな形であれ、「まったく子どもたちのためになっていない」とはならないだろうし・・・

投稿: Cos | 2004.10.17 10:50

八重です。お話の杉並区に住んでいます。先生になりたいのに試験に落ちた、適性のある方が沢山おられるでしょうに、ちょっとなんだかなぁ・・・と思いました。ここの区長はまだお若い方で、レジ袋課税を導入しようとか、歩きタバコ禁止区域を設定するとか、校長を企業から呼び入れるとか、校庭をしばふにしたりとか、積極的に動きます。条例は果たして吉と出るか、凶と出るか?

投稿: 八重 | 2004.10.24 22:45

きっと、杉並区独特のものがあってそこがネックになっているかもしれませんね。

若い分だけ区長さんに期待する部分、反発する部分も大きいでしょう。
いい部分をそのまま続け、悪い部分をやめる勇気があると一番いいのかな。

教員養成塾もいい結果がでて当たり前のはずですが、どうだろう?

投稿: Cos | 2004.10.25 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1692026

この記事へのトラックバック一覧です: 教員養成塾:

« ソクラテスの口説き方 | トップページ | ばんごはん »