« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

桜 紅葉 @秋味

 春、桜の咲き始めから初夏にかけて定点観測をしてきた桜の広場。
秋には紅葉が彩りを添えている。

>

桜の春だけじゃなくて、この季節もきれいだと思うのはCosだけだろうか?


本当は夏もとりたかったのだけれど、父の具合が悪くて
写真を撮る余裕などなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

補習においでよ

生徒たちには定期テストで赤点を取ると補習が待っている。

次の定期テストで合格点を取らないと、毎週のように放課後残って補習を受けなければならないのだ。
1学期の最初からの努力が実って、今までずっと補習組みだったのに、
やっと、今回かろうじて点数が取れて補習組みから外れた生徒との会話。

「先生、もう絶対(補習になんか)行かないからね」
と嬉しそうに話しかけるので、思わず
「そんなこといわないでおいでよ。いないとさびしいから」
(補習には赤点を取らない他の生徒も参加してかまわないので、
参加している生徒も何人もいるのだが)
「え~、絶対にいやだ!!」
「そんなこといわないで、σ∥^_^∥のこと嫌わないで」
といったらすごく困った顔をして
「先生のこと、嫌いじゃないけどさぁ・・・・・
でも、先生は俺が赤点じゃなかったのうれしくないの?」

「いや、赤点じゃないのはうれしいけど、
補習にでてこなくなるのはさびしい」

「じゃあ、かんがえてみるよ」

本当に補習に出てきてくれるといいなぁ
(そうしないと、学年を通じての赤点になって単位を落とす可能性が高いのだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公害?

インドネシアで謎の病気、村民の7割が頭痛やしびれ


 インドネシアのスラウェシ島北部に位置するブイヤット湾の漁村「ブイヤット・パンテ」で、住民らが腫瘤(しゅりゅう)や発疹(はっしん)、手足のしびれなどの「謎の疾病」に悩まされている。村の近くでは、米国系鉱山会社「ニューモント・ミナハサ・ラヤ」が1996年から金の採鉱・精錬を行っており、地元メディアや民間活動団体は、「湾内に投棄された鉱滓(こうさい)に含まれる有機水銀などを原因とする、インドネシア版『水俣病』だ」と主張。警察が環境保護法違反の容疑で米国人を含む同社幹部5人を逮捕する事態に発展した。(インドネシア・スラウェシ島で 田中秀敏、ジャカルタ 黒瀬悦成)

 長さ約5キロの海岸線が半円形に延びるブイヤット湾。小型の漁船が並ぶ砂浜には、漁村に特有の「魚のにおい」がない。目の前の湾が“死の海”と化しつつあるためだ。

 漁師の1人と小舟に乗り込み、湾の入り口近くで釣り糸をたらした。数分後、漁師が釣り上げた長さ約15センチの魚の両腹には、大きなこぶがあった。こぶを切開すると、中からヘドロのようなどす黒い液体が流れ出した。「食べられるのか」と聞くと、「とんでもない」と首を振った。

 ブイヤット湾はかつて、手づかみで魚が取れる豊かな漁場だった。しかし住民は、「ニューモント社が来てから魚の姿が消えた」と言う。同社は、金の採鉱・精錬で生じた土砂や鉱滓(1日あたり2000トン余)を、湾内の海岸から1キロ、深さ80メートルの海底までパイプで運び、捨てていた。

 「死の影」は、住民にも忍び寄った。村では約3年前から大人4人が一様に「胸が熱い」と訴え、相次ぎ死亡した。全村民約300人のうち7割が腫瘤や頭痛など何らかの身体の異常を訴えている。

いずれかたちを変えてニュースになってでてくるかもしれないので、自分のためのメモ。

ただし、企業側は

 警察が今年9月に入り、ニューモント社幹部の逮捕に踏み切ったのは、独自の環境検査の結果に基づいた措置だった。インドネシア大の環境安全・リスク分析センターが今年7月に発表した住民の血液検査でも、通常値を超える水銀が検出された。

 しかし、世界保健機関(WHO)の委託を受けた国立水俣病総合研究センターの坂本峰至室長は住民の毛髪を調べ、「同湾で水銀汚染はない。住民は水俣病ではない」と断定した。

 ニューモント社は「採鉱は2001年に終了済み。今月には精錬など全操業を停止した。環境対策にも配慮してきた。村民の病気は、栄養不良や不衛生が原因だろう」と主張。テレビで「ブイヤット湾は安全」とする意見広告を大量に流し始めている。

水銀汚染なのか同かもインドネシアで調べると水銀汚染、日本が調べると水銀汚染ではないという。
魚の奇形も栄養不良や不衛生が原因かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.30

男?

 保育士が「しつけ」と称して子どもに手を上げ、怪我をさせるなんてもってのほかだ。


男の保育士が男児に暴行、懲戒解雇へ…大阪 ・・・・もちろん女性よりも男性のほうが力があって、暴力を振るえば怪我につながりやすいことはよくわかるけれど、相手が幼児であれば、女性であっても同じように「しつけ」と言う名目で手を上げて怪我をさせるなんていうことはあるだろう。

もしやったのが女性であれば、「女性保育士」とは言わず、ただ「保育士が暴行」というのかも。

まだまだ男性保育士が少ないからなのか、
それとも、いかに乱暴だったかを印象付けるためなのか・・・
なんて思ってしまうのはうがちすぎ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無鉄砲な若者

 いつの時代にも無鉄砲な若者はいたし、これからもたくさんいることだろう。

Cosが知っている限りでも、同じように危険な地域へ出かけていって、危険な思いをして帰ってきた人もいれば、
Cosの目には留まることがないけれど、そうした危険なところで命を失った若者も少なくないだろう。
はっきりとした記憶はないけれど、治安のよくないところに遊びに行って、殺されてしまった女子大生もいたような気がする。
この女子大生にせよ、今回人質となった香田さんにせよ、
危険に対する認識が甘かったことが悲劇を招いている。

<イラク邦人人質>香田さん、23日以降足取り途絶える で、見た限りにおいては確固たる目的を持ってイラクに入って行ったのではなさそうだ。

 目撃者の証言やアンマンの現地対策本部によると、イスラエルから18日にヨルダン入りした香田さんがアンマンのクリフホテルに到着したのは19日午後5時ごろ。白いTシャツに半ズボン、小さなリュックという軽装だった。
 「イスラエルから来た」と話し、すぐに自室に引っ込んだ。「何も話さず横になっていた」とホテル従業員のハッサンさん(27)は言う。香田さんが姿を見せたのは20日午前10時ごろ。チェックアウト後もホテルのテラスで繁華街の人の流れを眺めていたという。
 香田さんから「イラクに入りサマワに行く」と聞かされたホテルのマネジャーのサーメル・アルハミリさん(31)は、同泊していた映画監督の四之宮浩さん(46)と「やめたほうがいい」と説得。香田さんは「旅行者として、あの国で何が起きているのか知りたい」と話した。

(中略)

 香田さんは、100ドル札1枚でイラク行きが十分か尋ねるなど所持金は不十分で、イラクのビザも取得していなかったとみられる。「宿が見つからなければ路上で寝る」とも語り、あてのない旅だった。
 バグダッドに21日午前11時半に到着した香田さんは、3カ所以上の安宿を訪れたが、宿泊を断られた。ホテル側は「外国人が宿泊すると狙われる。汚い格好で金がないとも思った」と話す。22日にも安宿探しを続けた模様だ。あちこちさまよい歩く軽装の日本人青年の姿は目立ったようだ。
 23日午前11時45分ごろ、イラク中央駅前のバスターミナルを訪れ、アンマン行きの公営バスを探した。しかし25日の便しかなかった。ラマダン(断食月)のためバスの便数は減っていた。職員がタクシーを勧めたが「20ドルしか金がない」と断り、金を貸すという申し出も拒んだ。

この記事を読んだ限りでは、危険があるとわかっている国に行くのに対して十分な下調べをして安全を確保してからの行動とはとても見えない。

今回は人質になってしまったために脚光を浴びたけれど、
そうしたことがなかったとしても、何らかの形で危害をこうむる可能性は少なくなかったようにも見える。

だが、本当にそうだろうか?

「ここが変」というわけではないのだが、なんとなく腑に落ちない・・・・
どこか違っているような気がするのだが・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.29

打ち切られたけれど

 新潟中越地震で車ごと埋まってしまった真優ちゃんの救出は死亡が確認されたことと現場が非常に危険なことから昨日打ち切られたけれど、その前日には

<新潟中越地震>真優ちゃんの救出作業再開 隊員の熱意で

母子3人の救出作業には「空白の2時間」があった。貴子さん(39)搬出後の27日午後5時25分から7時半までの作業中断。隊員の疲労と2次災害の危険を配慮した国の指導に基づくものだが、隊員の「早く助け出したい」との熱意で作業は再開された。

テレビに釘付けになった多くの人はおとといの27日にいったん打ち切られたときのことを覚えているだろう。
おそらくもう命はないことがわかっていても何とかしてあげたいという思いは見ているこっちよりも
隊員のほうがずっと強く思っていたのに違いない。

決してテレビの画面には出てこないけれど、
岩に押しつぶされて亡くなった方の姿はどれほど悲惨なものなのか、
想像するよりほかにないけれど、あれだけ危険な現場でそこまでやってくれたことに感謝しよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

タイタンの妖女?

 土星探査機カッシーニがタイタンの映像を送ってきた。

どうやらこの青などの色はフィルターを通してみている色で、現実の色ではなさそうだが、

衛星タイタン、科学者は謎の多い画像に驚く

 NASAジェット推進研究所(カリフォルニア州パサデナ)は、26日にタイタンに最接近したカッシーニが送信してきた各種データの分析を始めた。
 画像では、衛星表面に大きな明るい“大陸”のような部分と、凍結した液体と思われる暗い部分が見られる。
 これまでの分析で、明るい部分と暗い部分の物質は、似たような物質とみられている。ただ、研究チームは、他の物質が衛星表面を覆っている可能性があり、慎重に分析する意向。
 研究チームはまた、タイタンの表面にほとんどクレーターが見られないことも不思議だとしている。
 炭化水素が多く含まれる大気の凝縮物が衛星の表面を覆い、クレーターなどを隠していることが考えられるという。
 一方、ある研究員は、タイタン地下の物質が地表に表出し、地表を溶かして再び凍結させたとの第2の可能性を指摘している。

なぞを秘めた土星の衛星タイタン・・・・

タイタンの妖女
カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉 久志

早川書房
2000
売り上げランキング 1,822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイタンといえば、条件反射のように思い出すのが、この小説。
なぞを秘めたタイタン・・・・・
こっちもわくわくするなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新種のヒト化石発見

 昔話に伝わる「小さい人」は本当に存在していたのだ。
その記憶が民話になって伝わってきたのかもしれない・・・・
(まるっきり根拠はないけれど∥^O^∥)

新種のヒト化石発見 インドネシアで、身長1メートル - asahi.com : サイエンス

人類の中で、現代人も含まれる「ホモ属」の新種の化石が、インドネシアのフローレス島で見つかった。身長約1メートルと小型で、脳容積も、はるかに原始的な猿人より小さい。孤島に生息する動物種にしばしば見られる小型化により、ジャワ原人から分かれた新種とみられるという。外敵の脅威のない孤島で、少なくとも約1万8000年前まで生存していたとみられ、長期にわたって我々の祖先と「同時代」を生きていたことになる。

 オーストラリアとインドネシアの研究チームが同島の洞穴から、女性と見られる1人分のほぼ全身の骨格や、別個体のあごの骨などを発掘した。島名から「ホモ・フロレシエンシス」と命名。28日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

1万8000年前には小さい人が生きていたのだ。「孤島」ということで他の人類との接触はほとんどなかったのかもしれない。
でも、何らかの形で接触がって、今にまでその話が伝わっているのだとしたら、おもしろい。

 しかしフロレシエンシスは、こうした傾向とは逆に、猿人(身長1~1.5メートル、脳容積500立方センチ前後)より身長も、脳容積(約380立方センチ)も小さい。だが、歯の形や、頭骨の形態などが原人と共通なため、原人に近い新種とされた。

 ヒトは、従来考えられていたより多様な進化を遂げていたことを示している。

 同島の周辺地域には約4万年前に新人が進出し、先住のヒトを絶滅させたとされる。しかし同島は大陸や大きな島と隔たっており、海面が下がった氷河期にも周辺の島と陸続きにならなかったため、独特の生態系を保っている。

 古い時代に同島に渡ったジャワ原人が、島に適応して小型の新種となり、こうした孤立環境の中で1万8000年前まで生き永らえたようだ。

ただし、この記事を読むとそんな可能性はなかったかもしれないが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

大きな余震

 「食料はあるから大丈夫」と安心していた、山間部での被害が大きかった今回の地震。道路が寸断されてしまって孤立してしまったために救援物質も十分には届かなかったりする。

 時期も10月下旬で、温度も低くなりつつあり、雨が降ったりしている上に、

新潟中越地震は余震漸減型、急減の阪神大震災と対照的

 気象庁のデータに基づき、最大震度1以上の地震の発生回数を、6時間ごとの推移でみると、最初の6時間は今回の地震で164回、兵庫県南部地震で80回とやはり最も多く、その後の時間帯では急減。しかし、今回は減り方に波があるうえに、36時間後にも最大震度5強の強い余震が起きている。発生から3日間の回数は、兵庫県南部地震の約3倍に達した。

 マグニチュード(M)6・8の本震に続けてM6以上の余震が40分ほどの間に3回も起きるなど、今回の地震は、あまり例のない経過をたどっている。本震に次いで大きい最大余震がまだ起きる可能性もあり、気象庁では今後も警戒を呼びかけている。

 雨で地盤が緩み、そこに大きな余震が来る・・・・まだまだ終わったわけではないとなると、どれほど不安だろう。

 他の記事で<新潟中越地震>被災者にPTSDの恐れ 不安・恐怖で失調とあったけれど、ますます増えるんだろうなぁ

 明日はわが身。我が家の準備は・・・万全には程遠いのが心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.26

ネットと戦争

岩波新書から、2冊ほどNet関連の本が出ている。

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化
青山 南

岩波書店
2004-10
売り上げランキング 1,093


Amazonで詳しく見るby G-Tools
インターネット安全活用術
石田 晴久

岩波書店
2004-10
売り上げランキング 767


Amazonで詳しく見るby G-Tools

どっちも関心があったけれど、ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化を買った。
9.11の時にはblogがその威力を発揮したとも言われている(Cosはよくわかってない)けれど、
9.11以降のアメリカの文化をNetを通じてみることができる
(もちろん書いた人の目から見方でしかないがそれはそれでおもしろい)

まだ途中までしか読んでないけれど、内容もさることながら、
この本を読んでいると「英語が自由自在に読み書きできたらなぁ」と思う。
よく考えてみると日本語のサイトですら、思う存分読む時間がないのに、
たとえ日本語と同じぐらい英語が使えたとしても、
読みたいところをすべて読むなんていうことは不可能だとわかっているのだが,
それでも読めたらどんなにいいかと思う。

そうしてもうひとつ、
この本の中に出てくるWeb siteはURLではなくて、キーワードで表記されているのだ。
URLは変わるかもしれないけれど、キーワードは変わらない・・・・・

これって実はすごく便利なのかもしれない・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.25

本: バッテリー

 この本の話は前から「いい話」として聞いていたけれど、なかなかのんびりと本屋さんで見て買う時間がなくて、今まで買えなかった。

バッテリー


教育画劇
1996-12
売り上げランキング 8,506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バッテリー〈2〉 バッテリー (2) バッテリー〈3〉 バッテリー〈5〉 バッテリー〈4〉

野球の天才的なピッチャーである少年が主人公。
面白いのだけれど、Cosの知っている野球少年たちにその姿がかぶってしまって、
読んでいるとなんとも切ない気持ちになってしまった。

おそらく、他の人たちが感じるのとはかなり違っている感じ方だろうけれど、
こうやって才能を持って生まれ、努力を続けてきた少年たち、

わがままで唯我独尊的なピッチャーとそれをよくフォローして指示を出せるキャッチャー・・・
野球は一人でやるものではないし、
マウンドにいる9人だけでやるものでもないけれど、
それでもいいピッチャーがいなければどうにもならない。
ある意味でピッチャーは孤独なポジション。

そんなことを感じながら一気に読み終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mp3プレーヤー(こうさぎ)

きのうはふつうを」するつもりだった。
cosは、

 8月にモニタをamazonで買ったら、500円のキャッシュバックがきた。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「sagi」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.24

地震の加速度・・・浮き上がった?

 「加速度が1500ガル」と聞いても、それだけでは何の事だかよくわからない。
どれほどすごいことなのかはまったくぴんとこなかったが、

阪神大震災上回る加速度 小千谷で1500ガル によれば

 新潟県中越地震で揺れの強さを示す加速度は震源に近い新潟県小千谷市で最大1500ガルに達したほか、各地で1000ガルを超え、同じ直下型地震だった阪神大震災の最大値818ガルをはるかに上回ったことが24日、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)や気象庁の観測で分かった。
 加速度のガルは数値が大きいほど揺れが激しいことを示し、上向きの加速度が重力加速度(約980ガル)を上回ると、物体は浮き上がる。

阪神大震災の加速度では物体は浮き上がらないけれど、今回は物体が浮き上がるような地震だったということなのだ。
道路が壊されてしまったということも、新幹線の脱線したといった今までにないような出来事も
この大きな加速度のなせる業だったのだ。

ふわっ、と家中のものが浮き上がり、ドーンとばかりに落ちてくる
漫画の世界ではなく、現実にあるのだからこわい。
うちの中を見回すと・・・・・
あっちからもこっちからも物が落ちてくるだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

夜の地震

今日、午後5時56分からの新潟の地震は暗くなってからの地震だったからか、
被害の様子がなかなか伝わってこない。

あちこちで停電が起きて、水道管が破裂し、ガスが止まっているとも言われている。
余震の恐れがあるので、外に出ている人たちの映像が写っていた。
10月とはいえ、寒いだろうし、不安だろうし・・・・
震度6の地震が何度も続く・・・自然の力の強さ・・・

Cosのうちでもゆらゆらと並のようなゆれがあった。
日本という国に住んでいる以上、
今度大きな地震が来るのはCosが住んでいるところかもしれない。

新潟に住んでいる知っている人たちは無事だろうか。
雨で地盤が緩んでいるところでの地震、
被害が少なければいいけれど・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の義務

 「こども」というとふつうはどれぐらいの年齢をイメージするのだろう。

子の深夜外出抑止は親の責任 神奈川で「義務化」 でいう子どもは幼い子どもだけではないのだ。

 少年の深夜の補導が増加するなか、神奈川県の松沢成文知事は二十二日の定例記者会見で、県青少年保護育成条例を改正し、少年を深夜に外出させないよう保護者の責任を義務化する方針を明らかにした。保護者の責任については神奈川県をはじめ東京都や埼玉県の条例では努力義務としているが、県によると義務化は、全国で初めてという。
 来年の二月県議会にも改正案を提出する方針。
 保護者責任の義務化について、松沢知事は「深夜外出は非行を助長したり、犯罪に遭遇する危険が高いことを保護者に改めて認識してもらい、子供の健全な成長をはぐくむ意識を高めてもらうため」と説明。罰則規定については「深夜外出だけでは犯罪にならない。本人の行為ではない親の責任に刑事罰を科すことはできない」とし、見送る考え。

今の時代、子どもをきちんと抑えられる親がどれぐらいいるのだろう?
小学校のころから、「言うことを聞かないので、先生のほうから言ってください」などという親も少なくない。
高校生ぐらいになると場合によっては親が子どもこわがっていたりもする。
そんな風に育ててしまったのも親。
今はそういう親がたくさんいる。

大きくなってから子どもを何とかしようと思っても
実際にはかなり難しい。
子どもが大きくなってから「あなたの責任ですよ」といわれても
そうなってしまった子どもに親は何もできない。

「深夜」自分の子どもの外出を禁止できる高校生の親ってどれぐらいいるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

ココログオフィシャルガイド

 どうやらこのこすもすがこの本の中に出てくるらしい。
(どーせ名前だけだろうけど・・・なまえもなかったりして・・・∥^O^∥)

どんな本だか見てみたい気がするけれど、初版が8000冊ではうちの近所には売ってないかもしれないなぁ
しかも、Amazonで検索したらでてないし・・・

ココログオフィシャルガイド 2005(これはbk1。Amazonだけじゃなくてこっちもやろうかなぁ)

でもちょっとわくわく∥^_^∥

| | コメント (2) | トラックバック (1)

HIVが増加

 つい先日、10代後半の女性にクラミジアが増えているという話を聞いたばかりだったのだが、今回はもっと深刻

中高生にHIVまん延の恐れ=20代前半患者が急増-厚労省エイズ動向

 新規にエイズを発症した20代前半の患者数が急増しており、中高生ら若年層の間にエイズウイルス(HIV)が広がっている恐れがあることが21日、厚生労働省のエイズ動向委員会(委員長・吉倉広・前国立感染症研究所長)のまとめで分かった。エイズは感染から発症まで約10年の潜伏期間があるとされ、20代前半での発症者は10代前半に感染した可能性が高いとみられる。

今の中学生や高校生のなかにはそういう生徒が少なからずいるということ。
Cosのところにいる生徒だって、決して例外ではないのだ。
遊んでいるといわれているような生徒が多いわけではないが、
まったくいないわけではないし・・・・。

遊ぶ場所には事欠かないし・・・

特に女子は(禁止されているけれど)きれいに化粧をして、
さぞかしもてるだろうなぁと思える生徒も少なくないしなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.21

肩が痛い

この2,3日右肩が痛い。

左の肩はなんともないので、
一説にはクリックのしすぎ・・・・という可能性もあるが、
昨日からなるべくクリックをしないように・・・・
あ~・・・・要するにゲームをしないようにしているのだが、
一向によくならない。

ヨガの先生をやっている母に「どうすればいい?」
ときいて、ヨガを教わってきたが、
ヨガって即効性がないからなぁ・・・

身体全体もなんだか重いので、
もしかしたら風邪の引き始めかもしれないし、
本能的に、仕事から逃避したいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通り過ぎた台風

昨日の夜も「これから東京に台風が向かう」といわれていたのに、
昼間に比べるとすっかり雨脚も弱まって、
一応外にでていたものを取り込んだけれど、「本当に来るのかなぁ?」
と思いながら寝た。

目がさめるような雨や風もなく、結局静かに一晩眠ってしまった。
天気図を見ると確かにうちの近所を通っているんだけどなぁ

前回の台風も、今回の台風も
日本全体の規模から見ると「近く」で被害はでているのに、
Cosのところはいたってあっさりと通り過ぎてしまった。
この場合は期待はずれがうれしいけれど・・・

それにしてもテレビを見ていると、本当にすごい被害だ。
大木が根こそぎ倒れたり、
家が濁流に押し流されたり
バスの屋根まで水が上がってきていて、今朝まで救助を待っていたり
(今朝になってやっとヘリコプターで救助された)
雨が続いていたことも、前線があったことも影響しているのだそうだ。
被害がなかったことを感謝しないといけないなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.20

台風、まだこれから?

21;30現在では家のまわりはとても静か。
このまま台風が通り過ぎたのではないかと期待するけれど、
どうもテレビを見ている限りではまだまだこれから風が出てくるらしい。

樹木葬をお願いすることにした千葉のお寺のほうはかなり風も雨も激しいらしい。
今まで、気にしたことはなかったから知らなかっただけかもしれないけれど、
前の台風でも被害が出ている地域だし、
今回も近くの様子がニュースに出ている。
「お願いしよう」と決めたら、そのとたんにすごく心配になってくる。
何事もないといいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさげ

戦前を扱ったテレビや映画を見ると、そこに出てくる女子高生・・・女学生はみんなお下げをしている。

そういえば、学校で教えていても三つ編みのお下げをみることはほとんどない。
というよりもおさげの生徒はまずいない。

昔は制服の様に決まっておさげだったし、
もしかしたら今も、「髪の毛が肩より伸びたら三つ編みにすること」という規則のある学校もあるかもしれない。
が、そういう学校でなければ見ることはないのではないだろうか?

Cosのところでも昨日
「あぁ、三つ編みだったんだぁ」
と改めて気がついた生徒がいた。
余りに自然に似合っていたので、意識することは今までなかったのだ。

もしかしたら彼女の「いい生徒」というイメージの一端は
このヘアースタイルにあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

樹木葬(8)祥雲寺

 (こすもす内の樹木葬関係の記事はこちらからどうぞ)

先日、岩手県一関市の祥雲寺に行ってきた。


この田んぼの向こう側が樹木葬の墓地。
少しずつ杉の木を切って、昔ながらの里山に変えつつある場所だ。
この雑木林では800人ほどの人が眠っているか眠る予定を立てている。

その前に行ってきた天徳寺に比べると、さすがに日本で最初に樹木葬を始めたお寺だけあって、その規模も設備もまるっきり違う。

何しろ、駅に着くとそこには観光バスが出迎えに来ているのだ。
その観光バスに乗って、樹木葬の墓地やログハウスなどを見学してきた。l

樹木葬(7)でも書いたけれど、
ここは樹木葬のための場所というよりは
昔ながらの里山や川の自然を守るためのひとつとしての樹木葬であって、
墓地を作るための樹木葬ではないことを知って、
かなりのカルチャーショックを受けた。

この観光バスのガイドも、檀家の方がやってくださっている。
この方から住職さんの人となり、
お寺がどんな活動をやってきているのかをいろいろと伺ってきた。

自然保護の立場からの樹木葬ということで、
樹木葬に対する取り組みも違ってきているのかもしれない。


樹木葬の墓地は林の中にある。
こんな雑木林の中に新しく花木を植えて、そこを墓地にするのだ。
所々に赤いテープを張った杭が立っていて、
この杭がそれぞれ墓地となるところだ。

テープの張ってない杭はもう誰かが予約したところ。
くいではなく小さな看板に変わると、
そこには木が植えられ、その木の根元にはどなたかが眠っているわけだ。

墓地自体は山にあるわけだから、あちこちが坂道なのだが、
人が歩くところは間伐財から作ったチップ(ここで作っているのだそうだ)がしかれていて、
とても歩きやすいし、道もお年寄りが歩けるようにということから、
急な傾斜はない。
(といっても歩くのはやっぱり坂道だが・・∥^_^∥ )

しかも、ちょっとはなれたところにはログハウスもあって、会員は無料で借りられるのだという。
このログハウスもなかなかのものだ。
(写真もあるのだが、人が写っているので、アップするのはやめておこう)

何から何まで、至れり尽くせりという感じすらする。
自然保護、たとえば両親のように野鳥の会などに入っていれば、
ますますうってつけというところだろう。

ただ、12月から3月までの冬の間は墓地に入ることができない。
しかも、東京からだと往復の費用もバカにはならない。

九州の鹿児島から北海道まで、全国の人がここに入っているのだというが、
Cosたちの家族にとっては金額的に余りに遠すぎるのだ・・・
年に一度ぐらいなら、いくことはできるけれど
それ以上はとても無理。

始めたばかりの天徳寺に比べれば、比較にならないほど 何もかもがよくできているのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

mp3プレーヤー

 8月にモニタをamazonで買ったら、5000円のキャッシュバックがきた。
そういうのがあることも気がついてなかったので、なんだかすごく得をした気分になって、
かなり前から欲しかったmp3プレーヤーの安いのを買うことにした。

何しろうちから職場までは20分もかからないし、車なので、必要性は感じてなかったし、
「どうしても欲しい」というほどでもなかったから、今まで買わなかったのだ。

というわけで、買ったのがこれ。



Rio SU10 128MB レッド

発売日 2004/07/23
売り上げランキング 770

Amazonで詳しく見るB0002IS0E8

評判が必ずしもいいというわけでもないし、129MBではちょっと少ないのかもしれないけれど、
容量が足りないと思うようなところに行くときにはおそらくノートパソコンも持っていくだろうから、
そっちに入れておけば大丈夫。

音質は・・・どうせ、Cosにはよくわからないし・・・・

何よりも軽いことと5000円のキャッシュバックがあったから、5000円以下で買えたことがうれしくて、
うちの中でポケットに入れて聞いていたりする∥^O^∥

(首から提げるストラップのついたヘッドホンは使いにくかった)

が、家族は「どこで使うんだ?」と笑って、ねらっているのだ∥-_-∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

われ笑う、ゆえにわれあり(こうさぎ)

きょうsagiが日帰りしたいです。
ところがsagiは、東京に話するはずだったの。
cosは、

抱腹絶倒を論理的文章に固めたかのようなこの本。
こんなに面白い本があるとは今まで

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「sagi」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クッキーが変?

昨日の夜からクッキーがちょっとおかしい。
普段は自動ログインするところが、昨日の夜と今朝の両方で、IDとパスワードを要求したりするものだから、
覚えていなかった(調べればわかるのだが)mixiにログインができなくなってあせってしまった。

まあ、あれこれやっているうちに何とか入れたのだが、
普段自動ログインばかりやっていると、
あるときこういう目にあってしまう。

mixiだけじゃなく、他のサイトでもIDとパスワードを昨夜と今朝の両方で忘れているところがある。
でも全部のサイトというわけではなく、ちゃんと覚えているところもあるし、
このココログは昨夜は忘れていたけれど、今朝はOperaが覚えていた。

Operaがおかしいのか、それとも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.17

お風呂で勉強?

「お風呂で読む参考書がある」
昨日友達と話していて、子どもの入浴時間の長さの話から、
こんな話が出てきた。

もちろん数学の参考書ではない。
(実は存在していて、Cosが知らなかったとしたらかなりショックだけど・・・)

お風呂に入ってのんびり古典の勉強ができるというわけなのだが、
一体どこのどんな本だか聞き忘れてしまった。

このシリーズの本だろうか?

風呂で読む杜甫
川合 康三


Amazonで詳しく見る479070615X


それにしても、さっきアップしようと思ったのだが、

ただいま、混み合っております。
ただいま、混み合っております。
ココログをご利用のみなさまに、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。
今しばらくお待ちください。

といわれてはねられてしまった。∥-_-∥

【追記】 このお風呂の本、このblogを読んだ友達が教えてくれた

amazonでは扱ってなかったが、

風呂で覚えるシリーズというのがちゃんとあるのだ。
しかも数学も∥-_-∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.16

ばんごはん

きょうはこんなごはん。幸せかも
pht10161937.jpg

【追記】
昔ながらの吉祥寺で昔ながらの友達と一緒に∥^_^∥

なかなかみんなに会えないけれど、
すっかり変わってしまったようでいて、よく見るとちっとも変わっていないたたずまい。
街も友達も・・・・

何よりも、昔好きだった喫茶店mochaがまだ健在だったのが
とてもうれしかった。

イギリスにいる友達と、携帯で電話しながら・・・・
「この電波は静止衛星を通ってくるんだねぇ」と音の微妙な遅れに感激しながら
こっちで撮った携帯の写真をその場で送って、
それを話題にしていたこと。
まるで、イギリスが隣の町のように∥^_^∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教員養成塾

 東京杉並区が自前の教員養成の塾を作ることを検討している。

独自の教員養成、東京・杉並区が「師範塾」

 東京都杉並区は15日、区が小学校教員を養成する「杉並師範塾」を2006年春に開設し、修了者を独自に採用する構想を明らかにした。

 自治体独自の教員養成塾は都が今年度から開設しているが、区市町村では全国で初めて。教員採用は都が一括して実施しているため、同区は構造改革特区として申請する考えだ。

 杉並区によると、入塾の対象者は小学校教諭一種免許を取得している人か、取得の見込みがある大学4年生。教育界だけではなく、経済や文化、スポーツ界などから幅広く公募し、約30人を受け入れる。1年間の研修期間を経て「修了者」と認定されれば、区立小学校の教員として区が採用する。

内容については疑問を持たないわけではないし、問題もあると思うけれど、
教員は教員になってしまうとほとんど研修などはなく教壇に立つことになる。
ペーパーテストや大人相手の面接や模擬授業などはどれほどよくても、
実際に子どもの中に入ると「実は適性がなかった」なんていうこともよくある。
(適性がないのに教員になっている人がどれほど多いか・・・)

本来、教壇に立つ前に学ぶべきこと、見つめなおすことは多いはずなのだ。

「免許を取りました」
「じゃあ、明日から教えてください」
じゃぁ、あんまりだものなぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.15

ソクラテスの口説き方

まもなく中間試験ということで、Cosはめちゃくちゃ忙しい。

しかも、放課後には生徒が質問に来るから、まるっきり仕事にならず、
お持ち帰りして仕事をかたづけているのだが・・・・・

というわけでおととい読み終わった「われ笑う、ゆえにわれあり」を
おとといのうちに、
「この本、面白いかも」と子どもに貸して、
Cosは昨日次の本を買ってきた。

ソクラテスの口説き方 文春文庫
土屋 賢ニ

発売日 2003/11/08
売り上げランキング 28,794

おすすめ平均
形而下の悩みを無化するコトバのチカラ
1回の風邪引きで、同じ文庫本を3回も楽しめた。

Amazonで詳しく見る4167588072

昨日の夜になって、
「あの本面白かった?σ∥^_^∥は次の買っちゃった」と聞いてみたら、
「読み終わった、つぎ貸して」ときた・・・
というわけで、この忙しいさなかに必死になって読んだのだが・・・・・

ちょっと昨日あたりからこの手の本を貸すのをやめようかと真剣に考えている。
何しろ、ことあるごとに「土屋調」で、Cosのいうことに反論するのだ・・・・

もしかしたら、教育上よくないかもしれない。
教育上悪くなかったとしても、Cosの親としての立場上好ましくないことは明白だ∥^_^∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

雨、雨、雨

 体育の日、10月10日は「晴れの特異日」として知られている。
かつて東京オリンピックがこの日に行われたのもそうしたことが影響しているとかしていないとか。

東京では今年、この10月10日すら雨だった。
多くの学校で、このあたりに運動会や体育祭を予定していたと思われるけれど、
みんなどうなったかなぁ

まだ、14日だというのに秋に梅雨?10月降水量、すでに平年1か月間の3倍 というのはかなりショック。

 気象庁によると、東京の都心は今月8日以降、6日間連続で降水を記録。10月に入ってからの降水量(大手町)は12日までで484ミリに達し、10月1か月間の平年値(163・1ミリ)や、今年の梅雨(6月6日―7月13日)の降水量(101ミリ)を大きく超えている。このうち台風22号が関東地方を直撃した9日の降水量は225・5ミリだった。

 空梅雨だった今年だけでなく、平均的な梅雨期間(6月8日―7月20日)の平年値と比べても約2倍。10月の観測データとしては、月の半分も過ぎていないこの時点で、すでに1945年、91年に次いで3番目の降水量を記録している。

 日照時間も10月に入ってからは41・1時間に過ぎない。

東京以外のところはどうなんだろう?
東京近郊での天候の悪さから、

 国内有数のレタス生産地、茨城県の岩井市農協によると、この秋の出荷量は昨年の約半分。9月下旬から断続的に続く雨で畑がぬかるみ、畑に足を踏み入れることもできないという。東京都中央卸売市場大田市場によると、昨年同期と比べ、レタスの卸売価格は2―3倍、ネギや小松菜なども約2倍になっている。

 大手スーパーのイトーヨーカ堂によると、今月初めには1個148円だったレタスの販売価格は11日には298円まで上がり、キャベツも倍近くに跳ね上がった。同社広報室は「早く天候が回復してほしい」と話している。

せめてこれが、東京の近所だけでとどまるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.13

りんご南部せんべい

一ノ関で買ってきたお菓子。

このゴマすり団子は岩手でオフがあったときに始めて食べたもの。
冷凍した状態で売られていて、
解凍するとやわらかいお持ちの中にゴマだれが入っている。
とろっとしたゴマの食感にびっくりして、それから好きになったのだが、
実は三越の菓遊庵でも売っている・・・

東京でも買えるわけだけれど、
せっかくだから一箱買ってきた∥^O^∥

もう一つ買ってきたのが、りんご南部せんべい

ゴマの南部せんべいの上に、アップルチップがのっているのだ。
南部せんべいはおせんべいの中でも癖がないから、
このアップルチップにとてもよくあっていて、
すっかり気に入ってしまった。
紅茶を飲みながら、食べるととてもゆったりとした気分かも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.12

もうすぐ試験

例によって、例のごとく、
Cosの人気が急上昇するシーズンになりました。

「ねぇ、今日の放課後ひま?」
「じゃあ、あしたは?」
「それなら明日朝早く来てよ」

というラブコールに
「放課後はデートの約束がある」
「あっ、明日は別な人とデート」
「朝?早く起きられると思ってるの?」

というわけ。

試験問題も作らなくちゃいけないし、
(試験の後の教材も考えなくちゃならないし)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.11

われ笑う、ゆえにわれあり

抱腹絶倒を論理的文章に固めたかのようなこの本。
こんなに面白い本があるとは今まで知らなかった。

紅茶を注文する方法」文春文庫
を本屋さんで見かけてちょっと読んでみたら、
とんでもなく面白いのだ。

というわけで売れ残りの在庫を少しでも減らしてあげようと
彼の最初の文庫本、「われ笑う、ゆえにわれあり」を買ってしまった。

われ笑う、ゆえにわれあり
土屋 賢二

おすすめ平均
ぼちぼちでんな
哲学科の貴公子ではなくて、哲学科の非常識?
現代風の笑いではないけれど

Amazonで詳しく見る4167588013

最初の
「今日からタバコをやめられる--でなくても禁煙をやめられる」の中に、

タバコの有益性の証明として
「タバコを一本吸っただけで死ぬことはない。
すでにタバコを吸っている人が一本余計に吸ってもその一本が原因で死ぬことはない。
ゆえに(数学的帰納法により)何本吸ってもそれが原因で死ぬことはない」

なのだそうだ。
これ以外の証明も何通りかあるが、どれもとてもおかしくて一人でげらげらと笑ってしまった。

大学の哲学科の教授なのだという。
確かに哲学科らしい文章ではあるが・・・・
Cosも哲学科に入ればよかった

| | コメント (4) | トラックバック (1)

樹木葬(7)里山を守る

一ノ関の祥雲寺の樹木葬の説明会に行ってきた。
どんなところだったのかはまたあとで書くつもりだが、
今回の説明会で一番びっくりしたのは
この樹木葬というのはお墓のひとつの形式としてではなく、
里山の自然を守っていくための方法のひとつとして考えられたものということかもしれない。

この川の水をきれいにし、杉林になってしまった山を元の雑木林の里山に戻していこうとする
運動を住職がしているのだが、
そのためには山の杉の木を切って昔ながらの木を植え、
昔の人たちがしていたように、山の手入れをすることで、
昔からあった自然を取り戻そうとしていく。

田んぼにはいろいろな生き物が帰ってきて、
この田んぼの近くには蛍はもちろん、
天然記念物のモリアオガエルが済んでいる。
そうした自然を守っていこうというのだ。

樹木葬はそのためのひとつの方法。
杉を切ったあとに植える雑木林を聖域とすることで
そこもまた守られていく。

切り出した杉の木は炭になり、
この川の上流に沈められて水の浄化をしたり、
木材チップになって、樹木葬の中の道に敷かれていたり、
有機的な形で自然に還元されていく。

樹木葬によって祭られた人のお墓というだけではなく、
生きている人たちがお墓を守り、
自然を守っていくひとつの方法としての樹木葬なんだと痛感してきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.10

ツクバネ@秋味

ちゃんと名前を聞いたはずなのにすっかり忘れていて、
あわてて検索したのがこれ。

羽子板でつく羽に似ているので、「ツクバネ」というそうだが、
刺身のつまに使ったりもして食べられるそうだ。
検索してみたら、
寄生植物ならぬ「半寄生植物」なのだそうだ。

自分で光合成もするけれど、水分や窒素は他の木からもらう
ちょっと横着な木。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

つるりんどう@秋味ぶろぐ

一ノ関で見かけたツルリンドウの実。

野生に生えているツルリンドウが実をつけていた。
普通のリンドウと同じような感じの紫色の花を咲かせるのだという。
どんな花なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

樹木葬見学

一関に日帰りできました。
日本で一番最初に樹木葬を始めたお寺の説明会。

一ノ関の駅が自動改札じゃなかったな。pht10101227.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やんちゃな車(こうさぎ)

cosで、入試はRealPlayerされた!
がきょうsagiは仕事したかったの♪
cosは、

卒業生の車。
個タクのマークもいつも車に積んでいるのだという。
つけ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「sagi」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.09

台風=おやすみ?

Cosのところは土曜日もお休みではないので、今日も普通に授業があった。


が、誰もが期待するのは

休校!!!

学校が休みになるときには朝、電話連絡網で流れるはずなのだが、
出勤時間をすぎても電話がかかってこない。
期待したんだけどなぁ

さすがの天気なので、欠席の生徒も少なくないが・・・・・
学校に電話してきて
「今日学校ありますか?」・・・・・
授業が始まってから電話をしてくる生徒が後を絶たない。
「今から来い!!」といってみたところで学校に着くのは何時になることやら・・・

「今日は台風なので、学校をお休みさせます」
運動部に所属している高校男子のお母さんからの電話。
家がそんなに遠いのかなぁ

「台風で帰りが心配なので、休ませます」
中学生なら、やっぱり心配だよなぁ

というわけでいつもにも増して、欠席者の多い土曜日になってしまった∥^_^∥

今、伊豆半島に上陸して、東京のCosのうちもすごい風。

雷もなっているからちょっと休憩。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯から見える?

生徒のためにアニメーションを作ってwebページを作った。

まぁ、内容は数学の内容なので省略するけれど、
プロジェクタを使って見せた授業のないようについて、忘れちゃってるかもしれないので
「授業の内容がここここにあるから、接続できる人はグラフの様子を見るのに確認しておくといいよ」
と話したところ、
「携帯から見られますか?」
ときかれてしまった∥-_-∥

このページを携帯用に作り直すことはできるのだろうか?
gifアニメをもっと小さくして携帯に入るようにすればいいのか?
html自体については少し違うだけで何とかなると思うのだが・・・・

生徒にとってはパソコンよりも携帯のほうが一般的だからなぁ
とはいうものの、Cosの携帯は一応webを見ることはできるけれど、
めったに使ったことはないからうまくできないような気もするし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.08

見に行きたい(コスモス)@秋味ぶろぐ

Cosのblogは「こすもす」ということで、
コスモス系については目を光らせている(はず)。

秋味ブログというのを見つけたので、数日前に早速参加することにした。

秋にかかわる記事を書いたらトラックバックして同じ記事を二つ書いて
自分のblogと秋のblogをつないでいこう
秋にかかわるblogが互いにつながっていこう
というわけなのだが・・・・

「秋にかかわる記事?」そんなものかけない。
何しろうちと学校、それから時間がちょっとでもあれば夫をなくしたばかりの母のところに
顔を見に行くようにしているから、
なによりもコスモスを見に行くことさえできないのだ∥-_-∥

もちろん、「コスモス」というだけならあちこちに咲いているから、
写真を撮ればいいだけのことだけど、それでは記事にならないしなぁ

きっと今頃、

Cosの好きなイエローキャンパスがきれいに咲いているだろうなぁ・・・
黄色いコスモスとしては「黄花コスモス」が有名だけど、
Cosはこのイエローキャンパスのほうがずっと好き。


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.10.07

スーパー教師?

とんでもない教師というのはどこの学校にもいるものなのだろうか?
「こんな教員は辞めてくれ」と思うような教師をCosのところも含めてあちこちで見かける。

某所で見かけたのだが、
仕事中にラジオを聴いたり昼寝をしたり、
生徒用の問題集(受験用じゃない問題集)も解けなかったり
3年間同じ生徒なのだからと、同じ所見を書いていたり、
生徒が書いてきた推薦文をそのまま大学に提出したり
といった公立の教員もいる。
しかもそのことを本人は「普通のこと」としてしか認識していなかったりするのだ。
そういう学校だということなんだろうなぁ

さすがにCosのところではそこまでひどい教員はいないが・・・・・

もちろん、学校によっては教科指導よりも生徒指導を優先せざるを得ない学校も少なくない。
そうしたところに長くいれば、教員の学力自体も落ちてくるかもしれない。
しかし、そうしたところではひとりひとりの生徒のことを本当によく知っていたりするから
同じ所見にはならないはず。

教科指導で優れた「スーパー教師」、大阪も導入検討 - asahi.com : 社会では

 大阪府教委は、教科指導などで優れた教員を「スーパー教師」として給与や人事面で優遇する制度を導入する方針を決めた。早ければ06年度に始める。教育現場の昇任制度は校長、教頭などの管理職コースしかなく、現場で教え続けたい教員にとっては「平教員」でいるしかなかった。特別処遇によって「教える専門家」として誇りとやる気を引き出す。同様の制度は広島県が今年度に設置、宮崎県も導入を決めている。

こんなこと以前に、下をあげる工夫をするべきじゃないのだろうかと思うが・・・・
せめて、「普通のこと」ではないと本人が自覚できるようでないと。

それにしてもここでいう「教科指導」ってどんなのだろう?
やっぱり上にとっていい指導をする教員なんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

ココログ 10ヶ月目

先月は父の死などがあってそれどころではなかったけれど、
きょうはココログを始めてからちょうど10ヶ月目。

記事数: 511 | コメント数: 963

ご利用可能なディスク容量: 30 メガバイト
ご利用中のディスク容量: 8.888 メガバイト (29.63%)

画像を他においているので、ディスク容量の増え方はめっきり鈍化している。
この調子ならこのままかなり使えるかも。

ココログに限らず、どこのblogでも加入者が増えるとトラフィックが増えて、
何らかの障害が出ることが多くなってきているような気がする。
Cosのところが単独でとんでもないアクセス数になるとは思えないけれど、
以前からやっているので、容量無制限のコースになっているJUGEMは
それはそれで危ないかなという気もしているので、
しばらくはこのままココログを続けることになるかもしれない。

当初の予定ではこの夏に自分のところでMT設置しようと思ったのだが、
父の病気と父が亡くなったこともあってそういうことをする余裕は全くなかった。

冬あたりにもう一度トライしてみるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日光へ行こう

 Cosの住んでいるところから行こうとすると日光はとても遠い。
何しろ浅草まででるのが一苦労なのだ。

あっ、別に日光に行きたいわけじゃなくて、行きたいのは鬼怒川温泉というほうが正しい。
日光のあのきらびやかな東照宮の人ごみは嫌いだし。

そらねっと通信局 - JR東日本~東武の相互乗り入れだって!?!?(asahi.com)..経由で知った情報、JR東日本と東武が相互乗り入れへ 新宿―日光に特急 - asahi.com : 社会によれば

 JR東日本と東武鉄道は4日までに、相互乗り入れをすることを決めた。両社の路線が近接する埼玉県内に相互を結ぶ新しい乗り入れ線路を建設し、新宿―東武日光、鬼怒川温泉間に特急を相互に走らせる。両社は今後、工事などの細部を詰め、06年春にも相互乗り入れが実現する見込みだ。

で、新宿から日光まで2時間となるのだという。

これじゃ時間的には箱根と変わらないじゃないか。
遊ぶ場所が増えるなぁ∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.04

宮ヶ瀬湖

神奈川県の津久井からちょっと入ったところに川をせき止めて作った人造湖宮ヶ瀬湖がある。

都民の日に母と二人で遊びに行ってきた。
父が亡くなって一ヶ月。母にとっては忙しいけれどさびしい日が続いていたし、父の死からちょっとはなれる時間が取れればそれに越したことはないと思って一緒に行ってきたのだ。
(自分が遊びたかっただけ・・・ということかもしれないが・・)

この宮ヶ瀬湖は車がないとかなり行くのが不便な割にはいろいろな施設が整っていて、平日はすいていていいところかもしれない。
もちろん逆に平日は遠足の小学生なども少なくないけれど(^^;

行ったからには湖を一周したいということで、遊覧船に乗る。

この遊覧船、二人で貸し切り状態とまでは行かなかったけれど、船の前のほうにある屋内の客席と
船の後ろのほうにある屋外の客席に一組ずつとか、二組とかといった状態。
こんなに客が少なかったらどう見ても利益は出ないだろうな。

船はすいているし、天気はいいし、景色はいいし(Cosはもちろんだが)母もかなり楽しんだようだった。


この宮ヶ瀬ダムを作るために作られた人造湖である宮ヶ瀬湖の水中には1200人ほどの人が住んでいた集落があったのだという。
ここに住んでいた人たち、そして川の生態系は湖ができたために大きく変わってしまったことだろう。

神奈川は東京に比べれば夏になっても貯水量が少なくなって給水制限などということがずっと少ない。
Cosのうちも東京にはあるけれど、水道は神奈川水系の水だともいわれている。
(真偽のほどは知らないけれど)
この水の恩恵を受けているかもしれない・・・・・
だが、新しい湖だけあって、湖岸の木が次第に倒れて枯れていくのを見ると「いいのだろうか」と不安なる


この写真で見えるかどうかわからないけれど 湖岸の木が次第に倒れて枯れてきているのだ。

宮ヶ瀬湖にも一応コスモスはあるが・・・

量も花も今のところたいしたことはないのが残念。下手をするとその辺の休耕田で栽培されているコスモスのほうがずっと見事かもしれない。
それでも今度の週末にはコスモスの花摘み大会がある。
もっとたくさんのコスモスでいっぱいの湖畔になったらいいのにな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.03

やんちゃな車

卒業生の車。個タクのマークも空車のマークもいつも車に積んでいるのだという。
つけたまま公道を走ったら違反という話になったような気がするけれど・・・

が、この車、そんな物は何もつけなくても、周りの車はひく・・・・
これに男二人が乗れば、どう見ても覆面パトカーだし・・・∥^O^∥

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.02

銀河の誕生(こうさぎ)

きのうsagiが、宇宙は仕事♪


*このエントリは、こうさぎの「sagi」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.01

都民の日

学校がお休みなので、今日はのんびり、こんなところで。
(いいのか?仕事はいっぱい待ってるのに)pht10011411.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »