« まんじゅしゃげ | トップページ | SHUNKAN »

2004.09.15

樹木葬(3)

今のところ候補となっているのは
房総半島にあるお寺
一関にあるお寺
茅ヶ崎にあるお寺も捨てがたいものがある。

管理が33年しかないというところにはメールで問い合わせをしてみたところ、
新しくお骨を埋葬することは33年でできなくなるけれど、
お墓参りはそのままできるし、もしも必要なら、契約期間中に延長もできる
という返事が返ってきた。
それならばまったく問題はないので、近いうちにみんなで行ってみようということになった。

一関のほうはというと、
なんと友達が檀家にいるということがわかったし、
市の方でも何らかの形で力を入れているということがわかった。
交通費の問題がなければどうもここが一番かも。
(友達は、遠いなら、引っ越してこいと・・・∥^O^∥

茅ヶ崎のほうはお寺のそばにゴルフ場があって、
かなり市街地の中らしいので、躊躇していたのだが、
それなりにいいところという話も伝わってきた。

多分、この3つのうちどこかに決まるんだろうな。

それにしてもキリスト教の樹木葬って言うのはないんだろうか?
一番キリスト教にふさわしいような気がするのに。

|

« まんじゅしゃげ | トップページ | SHUNKAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1439532

この記事へのトラックバック一覧です: 樹木葬(3):

» 樹木葬(4)自然葬 [こすもす]
今朝の朝日新聞「言葉の交差点」は「自然葬--古代からある散灰の伝統」として 環境 [続きを読む]

受信: 2004.09.19 17:48

« まんじゅしゃげ | トップページ | SHUNKAN »