« 大検が変わる | トップページ | 雨の中のバーベキュー »

2004.08.07

オセダックス

 新しい生物オセダックスがカリフォルニア州モントレー湾(鯨で有名?)の深海で見つかった。

Fozyの独り言さん経由で鯨の骨食べるミミズの仲間発見 米西海岸沖海底で(asahi.comの科学面の記事は一週間ぐらいで消えてしまうのが難点なのだ)で

 見つかったもののうち、肉眼で見えたのはみなメスで、大きなものは大人の人さし指ぐらいあった。赤いチューブが、緑色の「根」のような組織の上に伸びている。一方、オスは約0.2ミリしかなくメスの体内にいた。口や腸がなく、精子が詰まっている。大きなメスには111匹のオスがいた。

 チームは、この環形動物を「骨をむさぼり食う」という意味の「オセダックス」と名付けた。DNAの分析で、約4200万年前に分岐した2種類がいると分かったことから、「種」より上の新しい「属」と判断した。

オスが生殖器しか持たない生物はなんだったか覚えてないけれど、メスを受精させるためだけに生まれてくるオスについての話をどこかで聞いたことがある。「子孫を増やす」ためだけに生まれてくる・・・・人間の目からすればすごくむなしい気もするのだが・・・・

深い深い海の底で、他の生物たちと大きく違ったひとつの属・・・他の生物からは切り離されて、(おそらくは)長い年月、種の存続ならぬひとつの属を守り通し、鯨の骨を食べながらオスはメスに完全に寄生して種の存続のためだけにその一生を過ごす・・・・しかも一匹のメスの体内に111匹のオスがいたということはほとんどのオスにとっては受精の機会もないわけで・・・・・

子孫を残すためだけに生まれて死んでいく・・・・すべての生命は究極的にはそうなんだけどそれでもなんかなぁ

|

« 大検が変わる | トップページ | 雨の中のバーベキュー »

コメント

Cosさん、どうもです!

>オスが生殖器しか持たない生物

そんなのがいるんですか!知らなかった…。

>人間の目からすればすごくむなしい気もするのだが・・・・

そうなんですよね。でも、男女平等なんて言ってるの、ヒトだけなんですよね。他の生き物って、互いの役割を割り切ってるみたい…。って、そこまで考えてないでしょうけど。

>オスはメスに完全に寄生して種の存続のためだけにその一生を過ごす

この研究者たちは、何を根拠にオス、メス、と言ったんでしょうね?素人なので想像できませんが…。オスとかメスって何だろう、個体って何だろう?と考えさせるニュースです。

投稿: Fozy | 2004.08.08 02:47

>オスが生殖器しか持たない生物

ちょっと調べてみたけど出てきませんでした。
やっぱり深海にすむ生物で、何年も前に新聞で見て印象的だったので覚えているんだけど・・・なんだったんだろう?

多分、オスメスの区別は受精器を持つのがメス(あれ、出すほうはなんていったっけ?)出すほうがオスという区別じゃないのかな?

投稿: Cos | 2004.08.08 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1140549

この記事へのトラックバック一覧です: オセダックス:

« 大検が変わる | トップページ | 雨の中のバーベキュー »