« 誰に負けるか | トップページ | 仮想空間計画 »

2004.08.22

広がる格差

 高校で教えていて「そうなるに違いない」と思ってきたことが結果となってあらわれてきている。

Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞

 調査は昨年5月、数学系教員がいる全国の大学に、学部単位で実施。学生の計算力や思考力、応用力など11項目の学力について、日本数学会が1990年代半ばに行った同様の調査と比較、「向上」「変わらず」「低下」「不明」の4つから選んでもらった。

 回答134件を国立・私立理数系、工学系、教員養成系などにタイプ分けして分析。その結果、11項目のうち9項目で学力低下が指摘され、論理的に説明する表現力や、数学会の調査で指摘されなかった計算力の低下が著しかった。

まさにここに書かれているとおりのことが高校生でも起こっている。
Cosのところの生徒たちはごく標準的なレベルの生徒・・・いわゆるトップクラスの大学に進学できるような生徒はほとんどいない
「こうなります。覚えなさい。」なら勉強しようとする意欲のある生徒たちは熱心に覚える。
宿題を出すと大半の生徒は熱心にやってくる。

ところが、文章題を解かせようとしたり、論理的な考察が必要になる問題になると、てきめんに手が出なくなる。
中学生の図形の証明が生徒たちに身についていないというのはCosが子どものころからだろうけれど、それでも(理解してかどうかはべつとして)自分で証明を書くことができるようになっていた。今はそうした証明の多くが高校の範囲に変わってきているのだが、Cosのところでもとても「身につけた」とはいえないほどのレベルの出来でしかない。

自分がいったい何をやっているのか、どうしてそんなことをやっているのかがわからない生徒がかなりいる。
できることならば、そういう生徒たちにじっくりと時間をかけて教えたい。

が・・・

彼らは計算力もないのだ。
計算の仕方は知っている。(間違いも多いけれど)計算をやらせるととても一生懸命に解こうとする・・・・
が、その計算には何の工夫もない上に計算のスピードも遅いから、単純な計算をするだけでもものすごく時間がかかる。
工夫がないから、計算ミスが増える。計算のスピードが遅いから、計算をするだけで問題などの内容を考える余裕がない・・・

理解力のなさと計算力のなさは1時間に教科書を2ページずつ終わらせなければならない授業を圧迫している。

新しいことを学べば、必ずそれを自分で確認することが必要になってくる。
一つ一つの計算を確認し、全体の流れを理解し、はじめて「どうしてそうなるのか」が理解できるのだが、
一つ一つの計算の確認だけで手一杯で、全体の流れ・・・何をやっているのかを理解するところまで行き着かない。
それを待っていると・・・自分で計算するのを待っているだけでも、授業の時間がどんどん遅くなり・・・教科書が進まない。
他の教科と違って数学は本来「教科書が終わりませんでした」「習っていない分野があります」では済まされないのだ。
(現実には教科書を終わらせることができない学校もかなりある・・・下手をすると半分近くの学校はそうかもしれない、それでいいのだろうかという疑問は持ち続けているけれど、今目の前にいる生徒たちに関する問題ではないから・・・)

もちろん、文系理系を問わずすんなりと理解して行く生徒たちもいる。数学の成績のよしあしとは関係なく、あっさりと理解できる生徒もいる。(理解できるくせに成績が悪い生徒というのは・・・要するにやらない生徒∥^O^∥・・・)

 国公立の教員養成系大学は群を抜いて数学の学力低下が顕著だった。その理由として、「必ずしも教員免許を取らなくてもすむ制度になり学習意欲が減退した」「数学など専門教科の単位が減り、軽視されている」ことなどが挙げられ、初等中等教育のレベル低下を憂慮する声が多かった。

 一方で、旧帝大系など規模の大きい総合大学では、学力の変化はないという回答が最も多かった。数学教育改革に力を入れる大学では、学力が改善したと答えたところもあった。

文科省も含め最近の子どもに対する風潮「できないなら個性に応じてできることをやらせればいい」
もちろん、ずば抜けてよいものを持っているのなら別だが・・・

|

« 誰に負けるか | トップページ | 仮想空間計画 »

コメント

私は教育関係者ではないので、現場がどうなっているか知らないのですが、たぶん、小中高校の授業内容は、私の頃(十数年前ですが…)とそんなに大差ないんじゃないのかな?と思っています。
が、もしそうなら、なぜ学力低下が起きているんでしょうね??

投稿: Fozy | 2004.08.23 02:32

教科書はかなりやさしくなりましたが、それ以上に時間数も減ったし、その分演習も減りました。

内容的には余り減ってないように見えても実際にはかなりの差があります・・・∥-_-∥

たとえば、今教えている高校生の中には「九九は楽しく勉強できればいい」ということで、知らないわけじゃないけれど、さっと出てこない生徒なんていうのも結構います・・・
九九を学ぶという内容には変わりがないわけですが・・・

投稿: Cos | 2004.08.23 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1247541

この記事へのトラックバック一覧です: 広がる格差 :

» どうころんでも、しわ寄せは保護者 [無菌室育ち3はお堅いのがお好き]
義務教育費補助金問題です。ああ、階層化が進みそうですね。地域格差、家庭格差。 子 [続きを読む]

受信: 2004.08.24 15:39

» ご飯の後には勉強かな? [飛行機の脚が好き!]
子供にはまずご飯、そして喰わせた後は遊べ・学べってことになるんだろう。 衣食足り [続きを読む]

受信: 2004.09.16 12:35

« 誰に負けるか | トップページ | 仮想空間計画 »