« グループに入れない | トップページ | 科学の祭典(こうさぎ) »

2004.08.05

ラビレット

CosMath | ラビレットに書いたことだけれど

8月2日に東京九段の科学技術会館で見てきた「青少年のための科学の祭典」の展示にこの「ラ・ビレット」があった。

となるパズルで、3個の立方体をばらばらにしてうまく組み合わせると大きな1つの立方体になるというものだ。

ちょうどピタゴラスの三角形の立体版といったところだろうか。

パズルとしてもとても面白くて、Cosの前に小学生がかなり時間をかけてがんばってやっていた。
最後にはブースのお兄さんにヒントをもらって作り上げることができて\∥^O^∥/

続いてCosもやってみたのだが、かなり難しい。
でも、面子にかけてもできないとまずい・・・という状況下で必死になって何とかどちらも作ることができてちょっとほっとした。
このラビレットを作ってみたいと思うのだが、一体どんな授業で使えばいいのか悩み中。


|

« グループに入れない | トップページ | 科学の祭典(こうさぎ) »

コメント

他の方が既に御指摘ならばすいません。このパズルは「ユーレカキューブ」と言います。
たとえば「キューブパズル読本」秋山久義(著)に詳しく載ってます。
高木茂男先生の有名なパズル本3部作にも載っていたようですが、残念ながらこちらは絶版です。

投稿: nopry | 2005.03.31 15:20

どうも調べてみると結構有名なパズルのようですね。

http://www.fbw.co.jp/~u-plan/cgi-bin/shop/cgis/goodslist.cgi?mode=view_detail&genre_id=00000001&goods_id=00000045

こんなのもあって、欲しいと思うのですが、値段が値段なので、とても買えそうにないです・・・残念∥-_-∥

投稿: Cos | 2005.04.02 00:00

ご紹介した本には何通りかの設計図(?)も書かれており、それを元に手作りで製作中です。キューブが216個必要です。
ただし、ここで紹介されているのは3×3×3のキューブは分解しない例ばかりなので、科学技術館でごらんになったものとは異なるかもしれません。

投稿: nopry | 2005.04.02 18:12

nopryさん、どうも。

どうもこの形が一番基本じゃないかと思いますがいかがでしょうか。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~cube-3/

Cosが科学博物館で見たものは平面にはならない形でしたので、この基本の形をいくつか組み合わせたもののような気がします。

おそらくnopryさんのお作りになっているのも同じようにして出来てくるんじゃないかと思いますがいかがでしょうか。

それにしても、解の個数がいくつあるかわからないというのはすごいですね。

投稿: Cos | 2005.04.02 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1128602

この記事へのトラックバック一覧です: ラビレット:

« グループに入れない | トップページ | 科学の祭典(こうさぎ) »