« とりあえずやってみよう | トップページ | 夏休みの宿題 »

2004.07.07

小学生が包丁で

 何よりも、いずれこういうことが起こるだろうと予想していたし、実際に起こっても「そうだろうなぁ」としか思わないことに気がついて、そっちのほうがショックかも。

小6、教室で同学年切りつける 自宅から包丁、男児けが 新潟

 六日午後一時五分ごろ、新潟県三条市西潟の市立井栗小学校(春川稔校長、児童数三百五十四人)の教室で、六年の男子児童(一一)が柳刃包丁(刃渡り二十二センチ)で同学年の男子児童(一二)に切りつけた。
 加害児童は自宅から柳刃包丁を持参していた。三条市教育委員会や同署によると、加害児童は「悪口を言われたので、腹がたった」「(被害児童に)ばかにされていた」と説明している。同署は仕返しで犯行に及んだとみている。
 切りつけられた児童は右腕と左手の指を切られ、二週間のけが。二人は違うクラスで、加害児童が在籍する教室で刺された。当時は昼休みで、教室には約十人の児童がいた。加害児童は無言のまま切りつけた。

ただし、みんなが見ているところで切りつけているし、怪我自体もそんなに命にかかわるようなものではないので、この少年は本気で殺そうと考えていたわけではなく、純然たる仕返しなんだろうな。

なんとなく、ナイフで切りつけたりするような事件というのは今までもたくさんあったしこれからもたくさんあるような事件という気がする。

|

« とりあえずやってみよう | トップページ | 夏休みの宿題 »

コメント

トラックバックさせていただきました。
金属バットで前日準備をしていたとも書かれていたので、ずっと仕返しをしたかったのでしょうね。
殺意なんて、簡単に持ってもらっては困りますよね。
ナイフにしてもバットにしても、十分大きなケガをさせることになるのですから、それをも自分がされたら・・・というようなこと、
考えてくれたらいいのに。
昔のような喧嘩のルールはもう存在しないみたいです。

投稿: (^o^)丿mee | 2004.07.07 12:21

昔は喧嘩にもルールがありましたし、ルールを守らないと勝ったとしても蔑まされる習慣がありましたからねぇ。

卑怯者として…

いまは、イジメだとか形骸化した人権無視の風潮があるので、既にイジメ対象として十分に蔑まされた存在の場合、もはやルール無用ですからね。

某思想団体から反対されて放送が中止になった日本昔話のアニメを復活して、例え話としての道徳観などを養うといいかも…。当然、思想団体は反対してきますが(^_^;

投稿: バカぽん | 2004.07.07 16:42

いじめられている子どもにとって、どんな選択肢があるかということになると、かなり難しいものがありそう。

中学でいじめられてきた生徒、
「警察官になって、あいつらにやり返してやる」
そのために勉強しているのだと話してくれたことがあった。
そういう考えで警察官になってほしくはないけれど、彼もまた、相手を殺してやりたいと思いつめてもいたようだ。

人に分けもなく傷つけられた思いというのは思いのほか深い傷になっているのかもしれない。

投稿: Cos | 2004.07.07 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/916593

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生が包丁で:

» また同級生を切りつける小学生 [dress-up-smartly]
とりあげるべきかどうか迷ったのですが・・・ 小6男子、包丁で児童切る=「ばかにさ [続きを読む]

受信: 2004.07.07 12:15

» また同級生を切りつける小学生 [dress-up-smartly]
とりあげるべきかどうか迷ったのですが・・・ 小6男子、包丁で児童切る=「ばかにさ [続きを読む]

受信: 2004.07.08 01:32

« とりあえずやってみよう | トップページ | 夏休みの宿題 »