« キレルかも? | トップページ | こどものネットモラル教室 »

2004.07.27

色を見分ける

 微妙な色の違いを見分けるのは生まれつきのものではなかったという実験結果が出ている

<色彩感覚>乳幼児期の体験で獲得 サル実験で先天性説覆す

 人間は通常、リンゴが夕焼けに照らされても、蛍光灯に照らされても、リンゴを「赤い」と判断できる。このように、照らす光が違っても物の色を正しく見分けられる色彩感覚は、生まれつきのものと考えられてきた。

 同研究所の杉田陽一・研究グループ長らはこれを確認するため、ニホンザル4匹を、生後2週目から1年間、物の濃淡しか分からない単色光の下で育てた。その後、指示された見本とは少し色彩が違う色をサルに選ばせる実験をした。

 白色光の下では、単色光サルと通常サルとで正解率に差はなかったが、光を色付きにして実験すると、単色光サルの正解率が大幅に劣る結果になった。訓練を続けても単色光サルの正解率は上がらず、「赤」と「赤に近い色」などの見分けは難しいままだった。

こんなのは当たり前のことと思っていたのだが、実は学習して学ぶことだったというのはとても驚き。実験とはいえ、単色光の中で暮らすというのは異常な環境ではあるけれど、乳児期の環境によっては左右されている場合もあるのかもしれない。(家の中が暗いとか?)

なんだかとても不思議だ。

|

« キレルかも? | トップページ | こどものネットモラル教室 »

コメント

屋外と屋内では、カメラで写真撮ると、全然色合いが違ったりしますね(カメラもできるだけ自然に見えるように自動補正してくれますが)。同じリンゴからの光でも、レンズに入ってくる光が全然違うんでしょうね。光源が違うから当たり前と言えば当たり前ではありますが。

それを同じと認識する能力って、成長過程で習得するんですね。
( ・∀・)っ〃∩ヘェーヘェー

投稿: Fozy | 2004.07.27 12:27

あっ、カメラで撮った写真と同じことなんですね。

Cosはてっきり色のついたライトで照らすと色が少し変わって見える(光の三原色のときにでてくるのかな?)けれど、そんなに変わってしまった光のことばかりじゃなかったんですね。

なんだかどこか変な気がしていたのが、すっきりしました。

普段生活している中でも高原の色の差って実は慣れてしまっていて感じていないだけだったのかも。

投稿: Cos | 2004.07.27 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/1060382

この記事へのトラックバック一覧です: 色を見分ける:

« キレルかも? | トップページ | こどものネットモラル教室 »