« アンケートの評価 | トップページ | 模索 »

2004.07.18

戦争の犠牲者

 全部が全部ということではないが、イラクの人々はアメリカや日本の人たちに比べて貧しい人が多い。卑劣なテロを擁護しようなどという気持ちはまったくないが、正面からぶつかるだけの戦力も財力もない国の人々が誤った情報に基づいて多くの犠牲を払ったのだ。

その貧しい人々というのは実はイラクの人たちに限られたことではなかった。

<イラク戦争>死亡米兵の45%は貧しい小さな町の若者

イラク戦争の開始(昨年3月)から今月15日までに死亡した米兵の約45%が、人口4万人以下の小さな町の出身者であることが、米メディアや毎日新聞の調査で分かった。これらの町の総人口が米国全体に占める割合は27%に過ぎず、大都市から離れて経済的に恵まれない小さな町ほど戦争のしわ寄せを受ける実態が明らかになった。

 国防総省によると、この期間にイラクで死亡した米兵は893人。このうち、(1)人口4万人以下(2)人口10万人以上の都市から少なくとも40キロ離れている――という条件に当てはまる「小さな町」の出身者を抽出したところ、398人(45%)を占めた。

 調査はミズーリ州セントルイスのポスト・ディスパッチ紙の今年5月の報道をベースに、毎日新聞がその後の死者数を加え国防総省統計や人口統計を参考に最新のデータを計算した。

彼らが正義のためと考えて戦争に参加したのかどうかはわからない。米軍によるイラクの刑務所での卑劣な捕虜虐待を見るとそんなことも考えず、ただ行って戦っただけのようにも思える。もちろん本当のところはわからないし、「正義のため」と信じている兵士も少なくないだろう。

どちらの側も一番の犠牲者は貧しい人たち。声高にイラクの脅威を唱えた人たちではない。


|

« アンケートの評価 | トップページ | 模索 »

コメント

記事にも書かれていましたが、住居、医療の提供などが受けられる、という理由で、軍に参加する人も多いのだと思います。米軍においては、黒人やヒスパニックの割合が一般社会に比べて高いと思われます。そしてそういう人たちが犠牲になっていく、というのはやりきれないですね...

イラクで虐待に関わった人の中には、CIAなどと契約している民間人(傭兵)がいて、スキャンダルが明るみにでても、民間人のため、軍法会議にかけられることがない、という記事をこの間ある雑誌で読みました。

投稿: じゃりんこ | 2004.07.18 22:22

イラクでの虐待事件が起きたとき、イギリスのニュースでは、逮捕された兵士達の出身地を紹介していましたが、大変小さな町で、町の人たちは兵士に同情的でした。あのような行動を支指示した上官がいたに違いないと。

戦争があると毎回取りざたされることですが、結局割りを食っているのは今回も、アメリカでも貧しい地域の人たちです。それでも、国のために戦場へ行くのを誇りに思っている人たちも多いですから、何のための戦争だったのか取りざたされている今、更に、やりきれない気持ちになります。

投稿: chichi | 2004.07.18 22:57

じゃりんこさん、兵士の貧しさについてはchichiさんと重なる部分もあるので、そちらに書かせてくださいね。

傭兵は以前ニュースで話題になったことがあるような気がします。
兵士ではなくイラクで働いているアメリカ人が傭兵であるといったような話題が出ていませんでしたっけ?

ちょうど日本人が捕虜になったころに出ていたのではないかと思うのですが、アメリカ人全部がということではなく、そういう人たちもイラクに入って米軍の下で、いろいろな仕事を引き受けているといったような内容だったと思います。

傭兵というとなんかかっこいいようにも感じられますが、こういう人たちだと思うとはやり豊かではないんだろうなぁと思ってしまいます。

投稿: Cos | 2004.07.19 00:07

じゃりんこさん、chichiさん、

じゃりんこさんのコメントを読んでいて感じたのですが、都市部での被害者にはそれこそ都市部の貧しい層としての黒人やヒスパニックが多かったのかもしれません。

人種差別の問題があるから、なかなかそうは言わないかもしれませんが・・・

少数精鋭のエリートではなくそうした人たちのあつまる軍隊だからこそ、捕虜虐待といったことも起こりうる・・・体質としてそうしたことを容認する体質がある・・・のかもしれません。

あくまで憶測にすぎませんが・・・

投稿: Cos | 2004.07.19 00:12

Cos さん、

残念ながら私は傭兵のことはよく知らないのですが、この間読んだ雑誌の記事によれば、イラクの刑務所で働いている人の中にはCIAなどと契約している民間人(傭兵)がいる、ということで、彼らには一般の兵士の何倍もの報酬が支払われているということです。

この話をしていたのは、アレン・ネルソンというベトナム帰還兵の人で、「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」という著書があるそうなので、放送大学の単位認定試験(来週(^^;)!)が終わったら探して読もうと思っています。

投稿: じゃりんこ | 2004.07.20 23:59

傭兵って、日本ではほとんど知られてませんから、不思議な存在に見えますね。

どうか試験がんばってくださいねm∥_ _∥m

投稿: Cos | 2004.07.21 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/998990

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の犠牲者:

« アンケートの評価 | トップページ | 模索 »