« 袖めくり | トップページ | 生徒のHP »

2004.06.14

農業を選ぶ

 公立高校は全日制普通科に入れない子供が商業や工業を選ぶとも言われてきた。今はいろいろな学校があるからそんなことはないのかもしれないが・・・

そんな中で最初は普通科高校に勤めていたのだが、農業高校に移った友達が、普通科高校の生徒に比べて「ここの子は好きで入ってきている子が多いから、数学が苦手でも一生懸命素直にやるんだよね」といっていたのをふと思い出した。それまでの数学の授業よりはずっとレベルが低いけれど、教えるとしたらこの子供たちのほうがずっといいと。

確かに偏差値としては誰でも希望すれば入れる程度だろうけれど、入ってからも畑の世話などがあって夏休みもこまめに学校にこなければならないし、文化祭などでは自分たちの作ったものを販売したりするから作るものに責任を持たなくてはならない。

とりあえず、学校をこなして高校を卒業してできれば大学に入りさえすればいいと毎日を消化するためだけにすごしているような高校生を普段見ているとそうした生徒たちがとても新鮮に思えたのだ。

田植え体験 中学3年生90人が参加 で、いわゆる5教科の勉強だけではなく、人としての成長はこうした体験の積み重ねにあるのかもしれないと思えてくる。

|

« 袖めくり | トップページ | 生徒のHP »

コメント

小6の子供の受験をいろいろ考えています。
どうしても私立にやろうなんて気持ちはなく、
中・高一貫教育でのびのびできるのか、
部活なども楽しめるのかなどを考えています。
ですが、高校でもっと選択肢があるならば、
何も、今受験しなくても・・・
公立高校でも、総合学科や音楽科、国際学科などがあったり、
単位制の高校も増えるとか、
理系なら高専もいいかなと。
子供に早くからどの学校に行きたいと決めさせるのは
難しいと思いますが、
自分の偏差値で可能な大学に進むのではなく、
これは好きとかこれは得意っていうことを
させてやりたいなと考えています。

投稿: (^o^)丿mee | 2004.06.14 16:26

確かに勉強以外でも学ばなければならない事が沢山ありますよね。そういう体験などは効率の面から排除される傾向にありますが、人間性という一番大切なものを育てることにも、色々な意味で役立つと思います。

面白いと思って勉強をさせるのと、嫌がっているものを無理やり叩き込むのとでも、色々な違いが出てきますしねぇ…。
難しいところですが、自然と一緒に体験できる授業はできるだけもっと増やしていけるといいんですけれども…。

やっぱり楽しいとか面白いって思ったことは何でも身につきますから(笑)

投稿: バカぽん | 2004.06.14 17:17

会社員をやっていて、最近ふと、農家になるのもいいかもな…と考えたりします。
まあ、農家をやってたら逆のことを考えていたでしょうが(笑)。

投稿: Fozy | 2004.06.14 20:42

昨夜、コメントを書いてアップしたつもりだったのに、反映されていないので、もう一度。


>(^o^)丿mee さん、
子供の進学は本当に難しくなりました。
以前だったら、近くの公立というのが一番自然だったんだけど、今はいろいろな可能性がありますからね。

中学受験は高校受験がない分、のんびりと他の子もやれるというのがあるはずですが、
高校から入ってくる生徒は(当然)高校受験のための勉強をしてきているわけで、ほおっておくとその学力差は比較にならないほど大きいものがあったりします。

個人的には今様に選択の幅が広がくると高校受験のほうがいい面も多いなぁとおもいます。


>バカぽんさん、

「人間性を育てるために学ぶもの」が大切なことは学校側もわかってはいるけれど、学べたかどうかは点数化することとはなじまないし、点数化できないもので、成果を表すことをしようとはしない世の中になっているから、なかなか難しいのでしょうね。


>Fozyさん、

「隣の芝生」だからこそ、農業もいいなぁなんてCosも思います。

何しろ、自分のやったことが自分の目にも誰の目にもはっきり見えるし、できた成果もおおきいし。

なかなかそういうことのできる仕事って少ないですよね。

投稿: Cos | 2004.06.15 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/766371

この記事へのトラックバック一覧です: 農業を選ぶ:

« 袖めくり | トップページ | 生徒のHP »