« cocohoreしばらく停止だそうです | トップページ | オペラで使えるGB »

2004.05.25

悲しいうそ

もう終わってしまったけれど、「トラックバック野郎」の先週の題は「うそ」にまつわるものだった。
生徒のうそ、「だまされるのも仕事のうち」といわれたことがあるが、まさにそのとおり。だまされるだろうなとわかっていてもあえてだまされるなんていうことも日常茶飯事。

だけど中にはだまされてはいけないうそもある。

かつて、学校をサボって私服のコートを着てターミナル駅で女の子をナンパしていた生徒がいた。遅い時間に出校する教員が見かけて、疑問に思ったけれど、声をかけるには離れすぎていたので、学校に来てから不在を確認して家に電話。

するといつもの時間に出かけたのだという。しかも洋服ダンスからはコートが消えているという。あわてて親が携帯に電話してみるともちろんでない。

というわけでちょっと騒ぎになったのだが、それだけなら表面上はどうあれ、「どうしようもないやつだな」と笑い話になるだけだったのだが・・・・・

生徒は親に「気分が悪くなって駅のベンチに座っていた」といったのだそうだ。冬に駅のベンチに何時間も座っていたというのだが、教員が見かけたのは自宅とは反対方向にあるターミナル駅。教員が見た着ていたコートはたんすから消えていたものと同じもの。(色が違うので、学校には絶対に着てくることはできない)

ところが親はわが子の言い分を信じて、見かけたという教員をわが子を陥れるものだと非難した。生徒は親に守られて、その件が問題となることはなかった。

それまではこの生徒に対しては授業をサボったり、こっそり悪さをしては言い訳をしてごまかそうとする生徒だとあまり芳しくない評判だったのだが、この件を境にして、彼に対しては「かわいそうなやつだ」と見る人が多くなった。

親が子供を信頼するのが悪いわけではもちろんない。だが、何でもかんでも子供の言い分を鵜呑みにするのがどういう結果を招くのか・・・彼のうそがどれほど悲しいものなのか・・・親はわかってないんだろうな。

結局彼は時数不足で留年。親は体が弱いから朝起きられないといって休ませていた結果がこれ。(もちろん無断欠席無断早退も多かったのだが・・・)

|

« cocohoreしばらく停止だそうです | トップページ | オペラで使えるGB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/655381

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいうそ:

« cocohoreしばらく停止だそうです | トップページ | オペラで使えるGB »