« ちいさいカメレオンのお嫁さん | トップページ | 究極?のモバイル? »

2004.04.28

日本は在イラク英軍指揮下?

どうやら自衛隊は人道支援を行っているだけで軍隊でないと思っているのは日本だけらしい.

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

連合軍は、4月23日に更新されたイラク駐留の連合軍(CJTF7、司令部バグダッド)のホームページで、連合国の軍事組織「ザ・コアリション・フォーシーズ」の概要を掲載。イラク派遣35カ国の国旗やそれぞれの部隊がどの国の指揮下に入るか紹介している。
 日本も国旗が掲載され、イラク南東部の多国籍師団に所属、英国軍をヘッドとする指揮命令下(アンダー・コマンド)に組み込まれていることが明記されている。

日本がどれほど苦情を言おうとも,日本以外での日本の自衛隊に対する認識は軍隊ということになっているわけだ.

しかも,ふるいデータだけど,

asahi.com : ニュース特集 : イラク情勢

イラクの治安悪化の中で、政府がイラク南東部サマワに派遣をめざす陸上自衛隊の部隊編成と安全確保策が明らかになった。派遣要員のうち警備担当に約130人を割き、人道復興支援にあたる約120人を上回った。過去の国連平和維持活動(PKO)とは異質の部隊編成だ。また、主な活動となる給水支援は基本的に鉄条網や壕(ごう)で囲まれた宿営地の内側で行い、移動中に襲撃に遭う危険を最小限に抑える。

実際に警備担当者の方が多い上に,給水支援(30人)も宿営地と呼ばれる駐屯地の中で行われて,実際の街中で市民に対しての支援ではないのだという.

ただ,テレビで子どもや大人の人たちが(行列もせずに)給水車から水を汲んでもらって楽しそうに飲んでいる映像を見たことがあるから,現在は違うのかもしれない.(でも誰も水を持って帰らなかったし、みんながのんびり水を飲んでいるので給水支援が必要な状況にはあまり見えなかった)

それ以外にも医療チーム(40人)と宿営地の設営後に公共施設の復旧活動を行っているはずの施設隊(50人)だそうだ.サマワの状態を考えるとまだ危ないから施設隊は外で仕事ができるのだろうか?

この中で実際に市民の中で人道支援をしているのは医療チームということになるのだろうか?

いずれにしても派遣された自衛官は550人,その中で直接市民の中で活動しているのは40人・・・

外から見たら,警備兵だけが目立つのだろうな.

|

« ちいさいカメレオンのお嫁さん | トップページ | 究極?のモバイル? »

コメント

コチラの報道を聞いていると、自衛隊だなんて回りくどい言葉はほとんど使われず、「第二次世界大戦以来、日本が軍隊をイラクに派遣した」ってな調子です。おまけに毎日ファルージャの戦闘風景が報道されるわけですから、いくら日本がなんと言っても、現状無理があるのではないでしょうか?

おまけに何かあると、小泉さんは「アメリカとともに・・・」って言ってしまうし。今イラクの人たちに聞こえるところで、こんなこと言ったら、逆効果でないかと思いますが・・・。

イギリスの新聞見ていると、キリスト教国でない日本には、日本にしか出来ないことがあるはずって、期待されているようなんですけど・・・。

投稿: chichi | 2004.04.28 08:41

駐屯地外での活動は現地人を雇用して仕事の提供をしています。ただ全市民を雇用するだけの仕事の提供は出来ないので不満の方が高いようですが(無茶な話だし)、その雇用された市民が給料が安いからといって給水車から水を配るときにお金を取っていたとして問題になった事もありましたけど、結構、市民雇用をして活動しているみたいですよ。なので内部スタッフは組織で言うところの幹部で雇用と作業提供、それらの確認という仕事をしているものと思われます。

ちなみに自衛隊に関しては、昔から「軍隊」としか見られていないですよ。日本だけです。自衛隊なんて感覚を持っているのは。世界水準でも高いコストを掛けて維持している軍ですので。イラク問題で言われたのではなく、ベトナム戦争当時から自衛隊は海外ではジャパンアーミーです。
今回は派兵に気を使って各国で自衛隊という定義を使ってくれている感じですが、実はジャパンアーミーという言葉は、第二次世界大戦当時のジャパンアーミーを彷彿とさせるイメージがまだあるので、居るだけで他国にとっては脅威です。怒らせたくない相手といえるでしょうね。なので、他国の軍があれだけ攻撃にさらされている中で、自衛隊には迫撃砲が一度飛んできただけという状態です。打ち込んだ人も他の部隊に打ち込むよりも命がけの思いだったと思います。(^_^;
ジャパンアーミーは戦闘においてはカミカゼとか、非道だと思われていますので。(誤解されているだけですが、それ以降に戦争をしていないので、帝国時代そのもののイメージが…(苦笑))

投稿: バカぽん | 2004.04.28 10:14

chichiさん、イギリスへ帰っちゃったんですねぇ

日本が,今回の件に関しても講義したということですが,「ふ~ん,そうですか。分かりました」という対応しかされていないのかも.

日本の国内にいると日本の行動に対して,他の国がどういう反応を示したのかは実際にはほとんど分からないかも.

バカぽんさん,「雇用の促進」というのは現地の人から見るとどう見えているんでしょう?

昔からある,軍隊相手に商売をしている人たちという目では見られていないといいですね.

それでなくとも,「カミカゼ」なんていうと,「強い軍隊」というイメージしかないだろうし・・・

日本の軍隊がどの程度強いのかはまるっきり分かりませんが,強い軍隊が来ているとなると、ますます平和のための人道支援といっても,なかなか素直には受け取ってもらえないでしょうね.

投稿: Cos | 2004.04.29 00:45

こんな事を言ってしまうと自衛官には悪いのですが、正直なところ「装備は一流でも実戦経験の無い訓練兵」と「装備はその場調達か最低だが経験豊富なゲリラ兵」とでは、どちらが強いと思いますか?答えは想像の通りです。
戦闘では練習のように正攻法で来てくれたりしません。いかに欺くかという戦闘になりますので、どんな武器を渡そうが、経験豊富な人達はそれらの欠点を突いてきます。
ただ、ジャパンアーミーと戦った事の無い人達は、天皇万歳などのカミカゼの怖さを知っているので、その昔の権威で恐れているだけかと思います。カミカゼはテロでも使われますからね。自爆テロとかで。ある意味、その大元を作った軍隊だということは知っていますから怖いわけです。

なので戦闘を始めて、化けの皮がはがれたらおしまいです…

ちなみに雇用の促進ですが、圧倒的な失業者数に対して、雇用に関しては十分といえない現状です。小学校の修復なども、現在は現地の人達が雇用されて行っています。
でも、働きたい人が何十万人も居るわけですから、どんなに頑張ったところで雇用できる数は限られてます。数百人雇ったところで、不満は出ます。所詮、無理ですよ。いくら国家といえども数十万人の雇用なんて…。世界一の大企業だってそんなに社員数はいないですよ。
なので、そういう不満を解消するのは現実的には不可能です。あくまで一部の親日派をつくる程度でしかないと思います。ただ、その人達が作るライフラインや公共施設を利用する数万人が、その恩恵に与って、のちのちに日本の行為に感謝してくれるのを待つしかないでしようね(^_^;
ただ、実際に大部分の作業をしているのは、現地のイラク人ですから、イラク人がやったんじゃないかよと開き直られてしまうかもしれませんが…。給料は出して支援してますけど、そういう裏の部分は公表されませんから…。

投稿: バカぽん | 2004.04.29 03:59

自爆テロは「カミカゼ」の影響と言われていますよね.死をもって何かをするというのは日本の歴史にはいっぱいでてくるし.

「戦闘になったら・・・」今の状態では戦闘になったら,総理大臣が変わるでしょうねぇ

自衛隊の派遣が雇用を促進している部分というは何があるんだろう?
給水関係の人数なんてたかが知れているだろうし・・・自衛隊でなければできない雇用の促進ってなんだろう?

投稿: Cos | 2004.04.29 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/504484

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は在イラク英軍指揮下?:

« ちいさいカメレオンのお嫁さん | トップページ | 究極?のモバイル? »