« 完全週6日制 | トップページ | 桜 終わったと思ったのに »

2004.04.18

よい目的のための自己責任

 このところ,あちこちを見て「どうも変だ」と思っていたことがこの記事を読んですっきりとした.

一億総無責任時代の中の“自己責任”の大合唱にはゾッとするな

 たしかに慌てふためいた家族の言動には不備がなかったとは言えない(降って涌いた急場において血の昇った一介の人間としてこれはいたしかたがないことだ)。しかし少なくともあの3人は自己責任を自覚していたと見る。というのは今回ばかりは命を落とすかも知れないという危惧を持ちながらイラクに赴いている。

 「最良の自己責任とは自分の命を担保とすることなのである」。

彼ら3人は自分の命を担保にしてイラクに行ったのだ.イラクのような戦闘地域に行くこと自体がどれほどの危険があることをしらずに行くような人間がその地の人々の中で活動などできるはずがない.

彼らの命が大切にされたのは彼らが日本人だからであって,イラクでは人の命がどれほど安いものかを考えると(日本から見た是非は別として)あっさり殺されてしまっても不思議はない国なのだ.

ファルージャでかなり残酷です.Cosには正視できませんでした.

ファルージャの目撃者より:どうか、読んで下さいという記事

こうした国にいた人がどれほど危険かを知らなかったはずがない.日本でのほほんとしていたCosは知らなかっただけなのだ.

 ご家族の気持ちを思うとこうしたことを言うのは心苦しいが,ご家族の方たちはそのことが分かっていたのだろうかと思わずにいられない.それがわかっていてもそれでもやはり「救ってください」ということなのだろうと思いたいが.

 イラクの人たちが自衛隊の派遣を人道支援として歓迎しているのであれば,こうしたことは起こりえない.現に韓国人はあっさりと解放されている.イラクの人たちが日本からの経済援助を歓迎することは間違いないけれど,自衛隊はイラクの人々にとってはアメリカ軍の支援部隊という感じなのかもしれない.

 なぜ日本がアメリカの要請を受けたからといってイラクの人たちが望むような形ではなく,多くの人が反対している自衛隊の派遣をしなければならないのか.

そのアメリカですら,パウエル長官「『危険をおかしてしまったあなたがたの過ちだ』などと言うべきではない」(原文はリンク切れになっています)

 また、パウエル長官は日本の一部で人質になった人の自己責任を指摘したり、軽率だなどと批判する声が出ていることについて、「危険を知りながら良い目的のためにイラクに入る市民がいることを日本人は誇りに思うべきだ。もし人質になったとしても、『危険をおかしてしまったあなたがたの過ちだ』などと言うべきではない」と述べていました。

 アメリカ政府は全体として3人の日本人人質の解放を喜び、日本政府の対応に感謝する姿勢です。しかし、その一方で、イタリア人人質が殺害されたことや、アメリカ人民間人の人質事件が未解決であることを憂慮しています。また、イラク情勢の泥沼化で「有志連合」の綻びを防ぎたいという苦しい立場をのぞかせています。

また,同じソースからの翻訳だろうけれど,TBS News-i 米国務長官「3人を誇りに思うべき」

 「大切なことは小泉総理も、イタリアのベルルスコーニ首相も『テロに屈してはならない』と言っているということです。テロリストの言いなりになってはいけない。人質の状況は気の毒に思います。家族が人質になるとは誰も思っていません。私たちは人質の救出に全力を注ぎますが、犯人に屈してはいけません。『何でも言うことを聞く』などと言ってはいけません。彼らは新たな要求をしてくるだけです。文明世界はこうした動きに立ち向かわなければならないのです」(パウエル国務長官)    さらに日本の一部で、人質になった民間人に対して、「軽率だ、自己責任をわきまえろ」などという批判が出ていることに対して、「全ての人は危険地域に入るリスクを理解しなければなりません。しかし、危険地域に入るリスクを誰も引き受けなくなれば、世界は前に進まなくなってしまう。彼らは自ら危険を引き受けているのです。ですから、私は日本の国民が進んで、良い目的のために身を呈したことをうれしく思います。日本人は自ら行動した国民がいることを誇りに思うべきです。また、イラクに自衛隊を派遣したことも誇りに思うべきです。彼らは自ら危険を引き受けているのです。たとえ彼らが危険を冒したために人質になっても、それを責めてよいわけではありません。私たちには安全回復のため、全力を尽くし、それに深い配慮を払う義務があるのです。彼らは私たちの友人であり、隣人であり、仲間なのです。」と述べています。    パウエル国務長官のこの発言は自己責任論を強調する日本政府の見方とは著しい対照ぶりをみせています。アメリカ政府は有志連合の結束に影響が出ることを警戒していますが、アメリカ人、民間人をターゲットにした誘拐事件が今後も頻発すれば、世論にも大きな影響が出るものとみられ、イラク情勢は予断を許さない状況が続きそうです。

という記事もある.

 イラクの人たちに対してアメリカがどれほどのことをしているのか考えたうえで,この発言を読むと,日本の人道支援というのはいったいなにを意味しているのだろうか,日本という国はいったいどういう国なのか,考え込まずにはいられない.

|

« 完全週6日制 | トップページ | 桜 終わったと思ったのに »

コメント

国内外を問わず倫理的な観点から酷い惨状というのは人々の目にはなるべく触れないようにされています。
しかし、今回のようにイラク問題などで局部がクローズアップされ、惨状を目にした人達は「ひどい有様だ」と非難の声をあげます。でも、コソボでもカンボジアでもいまだに同様の状況が続いているのに誰も見向きもしない。つまり「関心がない」だけです。

http://www.police.pref.hokkaido.jp/statis/jiko/jiko.html

こちらのグラフを見てみてください。死体の壮絶さ、悲惨さは変わらないのに、国内で年間数千人が亡くなってます。ちなみに24時間以内に死亡しないと、この数字に含まれず重傷者数に含まれてしまうことになります。これが現状です。無関心になっている状況です。日本国内でも、戦場同様の問題が当たり前の事となり、関心をひかない「無関心ゾーン」に入ってしまったような感じです。

一番恐いのは「無関心でいる事」だと思います。

戦争なんかよりも事故の方が遥かに防ぎやすく、個人の問題でしかないのに、いまだ防げない。戦争は様々な思惑で進行するので、一団体や一国家ごときでもどうにもならない問題。どちらを先に解決させるか…。着眼点を変えるだけで相当違いが出てきます。

今の日本は責任についを説くけれども、その責任から逃れる方法ばかりに専念するようになってしまいました。なので一億総無責任時代であり、一億総無関心時代なのだと思います。誰かが取り上げた「話題」だけに流される。何故か。そこには「責任が発生しないから」なのだと思います。

投稿: バカぽん | 2004.04.18 15:41

トラックバックありがとうございました。
バカぽんさんのおっしゃるとおり、刺激に対してすぐに慣れて無関心化していく傾向はありますね。私も反省しきりです。やはり、意志を持って考え続けていくことが重要なんでしょうね。藤原新也さんの本はいろいろと参考になるので読まれていなければ一読をお薦めしちゃいます。

投稿: たりぽん | 2004.04.18 17:41

カンボジアは・・・・この前東京でカンボジアの少女の映画をやっていましたが,これもやっぱりあまりの重さに見に行けませんでした.

>http://www.police.pref.hokkaido.jp/statis/jiko/jiko.html

 どちらを先にというよりは「どちらも」が本当かもしれません.どれもこれもそんなにあっさりとは解決しないだろうし・・・それにしてもいつのまにか社会問題にもならなくなってしまいましたね.

これでまたどっと死者が増えればまたメディアをにぎわすのでしょうけれど・・・

こうした事故を減らすためにできることはなんだろう?

投稿: Cos | 2004.04.18 17:54

たりぽんさん、ありがとうございます.

>一億総務責任時代

実のところなんだかんだと言ってみても結果としてそういう人間を育てているのが,今の社会であり学校であるわけだけど・・・・今の学校の中でそうしたことを考えさせる余地ってどの程度あるんだろう?

藤原新也さんの本はぜひ読んでみようと思います.

投稿: Cos | 2004.04.18 17:58

はじめまして。
いろいろ検索していて、こちらのサイトで、パウエル国務長官のインタビューや、藤原新也さんのコメントが紹介されているのがおもしろいので、リンクしました。
パウエル長官のインタビューは既に私のウェブログにも紹介していましたけど、藤原さんのコメントは知りませんでした。
藤原さんの体験談と元人質へのコメント、ほんとにいいですね。

投稿: てるてる | 2004.04.18 22:05

てるてるさん、どうぞよろしく.Cosです.

てるてるさんのところから
>平川秀幸さんの「更新情報 & 日々日誌」より
>「2004年04月17日 パウエル米国務省長官の言葉・・・リスクと自由、責任」
>http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~hirakawa/diary/

も考えさせられました.

パウエル長官のインタビューは見るところ見るところ微妙に違っていたりして,「いったい本当はどうなんだ?」と気になっていました.

http://www.scoop.co.nz/mason/stories/WO0404/S00167.htm


SECRETARY POWELL: Well, everybody should understand the risk they are taking by going into dangerous areas. But if nobody was willing to take a risk, then we would never move forward. We would never move our world forward.

And so I'm pleased that these Japanese citizens were willing to put themselves at risk for a greater good, for a better purpose. And the Japanese people should be very proud that they have citizens like this willing to do that, and very proud of the soldiers that you are sending to Iraq that they are willing to take that risk.

But even when, because of that risk, they get captured, it doesn't mean we can say, "Well, you took the risk. It's your fault." No, we still have an obligation to do everything we can to recover them safely and we have an obligation to be deeply concerned about them. They are our friends. They are our neighbors. They are our fellow citizens.


「risk for greater good」是非は別としてそういうとらえかたができるのはすごいですね。

それにしても・・・やっぱり自衛隊は他国から見ると
「the soldiers that you are sending to Iraq 」兵士なんですね.

投稿: Cos | 2004.04.18 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/457160

この記事へのトラックバック一覧です: よい目的のための自己責任:

» 誇りと何の関係が・・・ [たりーず・ふぁいる]
追憶の200X年さんのエントリー日本人の誇りとは…?を読んで、なんだかなぁという思いが加速しました。 自身のエントリーには「いろんな人がいろんなところで騒いで... [続きを読む]

受信: 2004.04.18 17:36

» パウエル国務長官の発言について [てるてる日記@WebryBlog]
[続きを読む]

受信: 2004.04.18 21:31

» 自己責任論 [おいらブログ]
 なんだか、自己責任に関してあちこちで侃侃諤諤のようです。  しかし、賛成派・反 [続きを読む]

受信: 2004.04.18 22:10

» パウエル国務長官の言葉 [なころぐ]
TVの意見は「多くの課題を残した。国民は真剣に考えなければならない。」という線で [続きを読む]

受信: 2004.04.19 01:35

» このドサクサ紛れに政府がコッソリやろうとしていること・・・・ [Peace Event Calendar]
今回の人質事件、政府の発言に始まる日本国民まきこんでのバッシング、この "大騒ぎ" は、これが先に待ってたからなのかもしれません・・・・・(いつも "ダイジ"な... [続きを読む]

受信: 2004.04.22 04:10

» イラク人質-自己責任論に対するパウエルの言葉 [ono]
★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。 -----------... [続きを読む]

受信: 2004.04.26 02:05

« 完全週6日制 | トップページ | 桜 終わったと思ったのに »