« 消費税の内税方式 | トップページ | 児童公園事故 »

2004.04.02

何をするか分からない

多くのところで自動回転ドアを中止したり,警備員をつけた上で使用したりするようになってきている.

個人的には中止してもしなくてもどちらでもいいと思っているけれど,ビルを管理する上では遭ったほうが便利ならば、使い方を誤らなければあってもかまわないと今でも思っている.

この「使い方を誤らない」というのはもちろんビルの管理会社にも回転ドアを使う側にも言えることだ.

誤動作を恐れる余りセンサーの基準をゆるくしてしまったり,通ってはいけないところを無理やり通ったりといったことをしてはならないのだ.
たなぼた: 子を守るのは、一に親なのでは

ところが、今回の六本木ヒルズの事故では、まず回転ドアに飛び込もうとしたのは自分の意志。ドアが向こうから襲ってきた訳ではない。 得てして、こうした年代の子供(特に男児)は、突然思わぬ行動に出たりするが、それをコントロールするのはやはりまず親でなければならない。 実際問題、この回転ドア部分には『お子さんは親が手を引いて』との注意書きもあったのだ。 赤外線センサーは、万一そうした危険な飛び込みがあった場合に働かせようとしたものだから、それが機能しなからといって、それが直接今回の死亡の原因ではない。

確かに子どもは何をするか分からない,だからそういう子どもが何をしてもいいようにしていけば,そこには何をしでかすか分からない大人が出来上がる.

何をするか分からないような生徒がCosのところにも何人かいる.もう高校生だから後一歩で何をするか分からない大人の出来上がり・・・高校生になってからでは手遅れなのだ・・・

|

« 消費税の内税方式 | トップページ | 児童公園事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/384724

この記事へのトラックバック一覧です: 何をするか分からない:

» 子を守るのは、一に親なのでは [たなぼた]
六本木ヒルズ森タワーでの自動回転ドアの死亡事故は、その後会社の上層部がこれまでの [続きを読む]

受信: 2004.04.02 12:26

» 回転扉事故 [SEA OF TRANQUILITY]
実のところテレビ、新聞、雑誌等全てのメディアに一通り目を通してはおらず、この事故について 具体的にどういう報道がされているのかを把握しているとは言えない。 ただ... [続きを読む]

受信: 2004.04.03 14:56

« 消費税の内税方式 | トップページ | 児童公園事故 »