« まなびフォーラム | トップページ | 新学期 »

2004.04.13

文章を書く

 このところ人の書いた文章(生徒のじゃなくて同僚の)を見せられて,「これでどうだろう?」と聞かれたり,自分で職場用の文章を書かされたりして,悪戦苦闘している.

「数学だから文章はかけない」とか「数学だから人の書いたのをみてそれでいいかどうかなんか分かるわけがない」といってみたところで,
ひとこと「だめだ」と言われておしまい。
(それで引き下がる方が悪いという気もするが・・・)

blogに書いているような文章なら,いくらでも書けるのだが,「(職場の)誰が読むのか」ということを考えるとその途端にかけなくなるから不思議だ∥^O^∥

特に自分で文章を書くときに「職場じゃこれはまずいだろうなぁ」とか「こんなことを書くと後が怖そうだ」とかそんなことばかりに頭が行ってしまって,肝心の内容のことなんかほとんど考えてなかったりする・・・こまったもんだ∥^O^∥

というわけでこんな本でも読んでみるといいのかなぁ?


レポート・論文の書き方入門
河野 哲也
価格 ¥ 1,050 [ 定価 ¥ 1,050]

発売日 2002/12
売り上げランキング 
通常24時間以内に発送します。

おすすめ平均
修士課程に進学する前に
読み易く実際的

Amazonで詳しく見る4766409698

|

« まなびフォーラム | トップページ | 新学期 »

コメント

私は逆に職場用の文章の方が書きやすく感じます。会社の中ではなんとなく守るべきルールみたいなものがあって、それを忠実に守る限り大きくこけることはありません。

もっとも、論文調の文章を書くわけではありませんし、実際には事前の意見収集をすることも多いので、紙を見せたときに「あ、あの件ね」といってもらえるように努力します。

サラリーマン生活で身に付けた処世術以外の何者でもありませんが。

投稿: ダンディー | 2004.04.14 00:15

今週、半年に1回やってくる申告週間。
上司に去年のお仕事のレビューと今年のコミットメントを書かねばならんのですが、論文大嫌いな僕は憂鬱です(^^;
ま、この紙ぺらが特に今年から成果給と大きくリンクするかと思うと、、
とはいえ、給料の査定が紙ぺら一枚程度がんばれば済むのもサラリーマンのいいとこではありますがね。

投稿: くっきも | 2004.04.14 02:06

私の場合は社内や社外向けの書類や、一般向けに公開される文章、ゲーム等のシナリオからセリフまで色々な文章を書いていますが(それが仕事でもありますが(^_^;)、その時に一番気にしている事は「語りかける文章」なのか「語る文章なのか」の違いです。どっちともというスタイルが一番的を得ない文章になって読みにくいんですよね。語りかける文章なのにまわりくどかったり、語る文章なのに論理的な展開でなかったりする場合も問題ですけれども、この2つを整理するだけでだいぶ読みやすくなります。あと質問に対して質問形式で返答する幼稚な展開もしないように気をつけてます。子供の知ったかぶりに見えてしまいますので(^_^; 知っているなら、それを答えることが相手の望む回答であって、逆に質問されるという事はなんの解決にもなっていない場合が多いんですよね。
でも、文学的にはそうでも、数学とか物理の世界では代替問答ってよくやるじゃないですか?質問に対して、その答えを直接言うのではなくて、導き出す手法についての質問を返して「こうだったらこうなるよね?」みたいな感じで…(笑)
それに慣れてしまっていたので、矯正には結構苦労しましたよ~(苦笑)。頭の中では代替問答してるんですが、文章展開としてはズバリの返答を書かなければならないので(^_^;

投稿: バカぽん | 2004.04.14 05:08

ダンディさん,はじめましてm∥_ _∥m Cosです.

「報告書」だと報告をするだけなので,そんなに考え込まないけれど,今回はちょっと種類が違ったので難しかったのかもしれません.

>実際には事前の意見収集をすることも多いので、紙を見せたときに「あ、あの件ね」といってもらえるように努力します。

それはいいですねぇ・・・・確かに事前の意見収集をしておくとかなり違いそうな気がします.次回はそんなことも考えながらやってみます.


くっきもさん、コメントありがとうございます.

こういうblogの文章を書くなら,ぜんぜん苦にならないんですけどねぇ・・・∥^_^∥

>ま、この紙ぺらが特に今年から成果給と大きくリンクするかと思うと、、

あっ,Cosの場合にはこれがないだけましかもしれない∥xx;∥☆\(--メ)

投稿: Cos | 2004.04.14 18:43

バカぽんさん,Cosです.

う~ん・・・考えさせられました.

>その時に一番気にしている事は「語りかける文章」なのか「語る文章なのか」の違いです。

こういうことを考えて文章を書いたことはないと思います.

それこそ仕事の報告書なら「書けばいいんだろ」という気分で書いているし,ここに書くようなときには書きたいようにしか書いていませんから・・・(^^;

>でも、文学的にはそうでも、数学とか物理の世界では代替問答ってよくやるじゃないですか?質問に対して、その答えを直接言うのではなくて、導き出す手法についての質問を返して「こうだったらこうなるよね?」みたいな感じで…(笑)

∥^_^∥ Cosと逆かも・・・・

生徒から質問を受けて,直接答えるのは簡単だけど,どうやったら生徒が自分で答えを導けるようになるのか,誘導していくのが仕事だったりしますから・・・∥^O^∥

・・・ということはそういう文章を書いても「そういう仕事だから」といういいわけが使えるなぁ・・∥xx;∥☆\(--メ)

(なんていうことばかりいっているから,いざって言うときに困るんだろうなぁ)


投稿: Cos | 2004.04.14 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/436513

この記事へのトラックバック一覧です: 文章を書く:

« まなびフォーラム | トップページ | 新学期 »