« 新年度の忙しさ | トップページ | 桜 花は終わった »

2004.04.11

イラク 人質が解放される

 犯人側から人質の解放の知らせがあったという.何よりのことだ.

イスラムの宗教指導者の人たちの,「アメリカ人に協力していない外国人の拘束者を解放するように」呼びかけに応じたのだ.

これにはアルジャンジーラに殺到した日本からのメールの効果もあるのかもしれないが,アメリカ軍とそれに追随する日本の自衛隊(とみられているのは間違いないだろう)に対する抵抗運動する側にとってはますます道は険しくなる.
Yahoo!ニュース - 海外 - 読売新聞社 日本人人質3人、24時間以内に解放…中東TV 

 カタールの衛星テレビ局「アル・ジャジーラ」は10日午後10時(日本時間11日午前3時)ごろ、イラクの日本人人質事件の実行グループとされる「サラヤ・ムジャヒディン(戦士隊)」が同日、「イスラム法学者団体の要請に応じ、人質を24時間以内に解放することを決めた」との声明をファクスで送ってきたと報じた。

 声明はさらに、「日本の人々が政府に圧力をかけ、彼らの軍隊(自衛隊)をイラクから撤退させるよう求める」としているという。人質をいつ、どんな形で解放するかには触れていない。日本政府は事実関係の確認を急いでいる。

こちらからの一方的な「イラクの人々のために」や「アメリカに協力して」ではなく,イラクの人々が望むような支援の道を日本が取れればいいのだが。

|

« 新年度の忙しさ | トップページ | 桜 花は終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年度の忙しさ | トップページ | 桜 花は終わった »