« 最初の試験 | トップページ | よい目的のための自己責任 »

2004.04.17

完全週6日制

 Cosのところは世間がしっかり休んでいる土曜日も午前中は授業がある.いつもお休みの人たちを見て,羨ましく思っていたのだが完全週5日制が必ずしも評価されていないらしい.

Yahoo!ニュース - 東京 - 毎日新聞 「完全週5日制」に、父母の6割が見直し論--PTA連、アンケ結果によれば

アンケートは昨年8月から10月にかけて、各校PTAに10人分の用紙を配布し、回答してもらう方式で実施した。回収数は1414人。「6日制に戻すべきだ」が32%、「隔週5日制に戻すべきだ」と「完全5日制でよい」が各29%だった。「家でぶらぶらしている時間が増えた」と答えたのは39%で、「ボランティア活動・社会活動が増えた」は6%、「塾の時間が増えた」は14%だった。

都立高校で各校10人のある程度以上PTA活動に参加している人からのアンケートということだからある程度の方よりはあると思われるが,ここで出てきた結果というのは(PTAに積極的に参加しているのだから)教育熱心(進学熱心とは限らない)な保護者の意見だろう.

現実の問題として,週5日になってから,ゆとりのためのはずだったのに学校の中ではゆとりがどんどんなくなっている.授業時間を捻出するために,二学期制にしたり,1時間を2分増やすことで,計算上の授業時間を作り出したりしているのだ.

もちろん,5日にしたからゆとりがなくなったのではなく,「ゆとりの教育」が始まったために他の部分でのゆとりがなくなったともいえるのかもしれないが・・・・

Cosのところは毎週土曜日は授業があって,完全週5日制とはかけ離れているが,土曜日をぶらぶら過ごす子ども,社会活動に参加する子ども,塾に通う子どもとの差がどれほどあるのかはよく分からない.

ただ,Cosのところで何かの理由(ハッピーマンデーであることが多いけれど)で2日休んでしまうと,生徒たちの雰囲気が浮ついたものになっていることに気がつく.慣れればどうということもないのかもしれないが,これを勉強の雰囲気にもっていくのにも多少の時間がかかってしまう.

それがゆとりのなさにつながっているということはないのかなぁ?

|

« 最初の試験 | トップページ | よい目的のための自己責任 »

コメント

>現実の問題として,週5日になってから,ゆとりのためのはずだったのに学校の中ではゆとりがどんどんなくなっている.

全くそのようです。
うちの子供の小学校でも、今年は、かなり時間が足りないらしく、
これまで午前中で終わってた休日参観日に、
休日なので給食がないので、お弁当持ちで午後からも授業をするとか、
始業式の日にも、授業こそしないものの、学級会みたいなものを
行い下校は13時になったり、年間の行事が減らされたりとか・・・

土曜日に子供たちが家にいるので、親たちの間から子供になんとか
有効な時間を過ごさせたいという依頼を受け、
私が土曜日に休日返上で子供たち向けのパソコン教室を始めたのが2年前。
好評で今も続けてはいますが、預かれる子供の数なんて、ほんのわずか。
このご時世で、土曜日でも仕事をしている親たちも多いので、
ぶらぶらしてる子供たちは多いようです。

やはり、「6日制に戻すべきだ」と考えてる親はかなり多いと思います。


投稿: (^o^)丿mee | 2004.04.18 11:50

始業式が始業式だけじゃなく,
給食のない日なのに午後まで授業.

授業の中身もゆとりのない詰め込み式にどんどんなっていきそうなこのごろです.
(教科書でいろいろなことが発展として扱えるようになったけれど,時間数が増えてないから自動的に時間がどんどん足りなくなる)

Cos自身は土曜日も授業があるので,あまり実感としては感じないのですが,何のための完全週5日制なのか,見直したほうがいいのは確かなようですね.

投稿: Cos | 2004.04.18 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/453352

この記事へのトラックバック一覧です: 完全週6日制:

« 最初の試験 | トップページ | よい目的のための自己責任 »