« 風邪 | トップページ | カプリカ数 »

2004.02.05

スピリットの不調の原因

fozyさん経由で

マーズ・エクスプロレーション・ローバ トピックスを読んでも「スピリット」完全回復に書いてある

「スピリット」不調の原因は、探査機のコンピュータに接続されていたフラッシュメモリ(デジカメやUSBメモリなどにも使われる半導体の記憶装置)を制御するソフトウェアでした。修復作業では、このフラッシュメモリに記録されていた数千のデータの消去を行いました。これらのデータの多くは、探査機が地球から火星に飛行する間に記録されていたデータです。

という言葉の意味はよくわからない.せっかく集めたデータを消去して大丈夫なんだろうかという疑問も出てくるのだが,このデータのおかげで,メモリがいっぱいになってしまったために不調を起こしたらしい.

火星探査車の不調、原因は「ファイルの消し忘れ」によれば

 「単に、メモリを使い果たし、RAMを使い切ってしまったということ」とデリマン氏は説明する。

なんだかこうやって結果だけを見てみると,どこにでもありそうなミスにしか見えなくなってしまう∥^O^∥

以下に不要なファイルの削除が大切かということだったりして・・・
Cosのところにも不要なファイルはいっぱいあるなぁ

|

« 風邪 | トップページ | カプリカ数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/169663

この記事へのトラックバック一覧です: スピリットの不調の原因:

« 風邪 | トップページ | カプリカ数 »