« 高校生を馬鹿にするな | トップページ | 風邪 »

2004.02.03

ハッブル望遠鏡

太陽系の外にも生命の可能性が・・・
Yahoo! ニュース:太陽系外に「酸素と炭素を持つ惑星」を初めて発見


米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の研究チームは2日、ハッブル宇宙望遠鏡が、大気中に酸素と炭素を含む太陽系外の惑星を発見したと発表した。大気に両元素を含む太陽系外惑星の発見は、初めて。

(中略)

ハッブルの画像分析装置で惑星から蒸発し続けるガス雲を調べたところ、ガス雲の中に酸素と炭素が含まれるラグビーボール型の領域を確認したという。

この星は木星の環境に近い灼熱の惑星で生命の可能性はほとんどないとこのことだし,生命には酸素と炭素が必要なものなのか同かも分からないけれど,少なくともひとつそういう生命体のいる惑星があるのだから,可能性としてはそういうところに生命も存在する可能性が高そうだ.

火星では水の痕跡を探し,ハッブル望遠鏡はもっと遠くの星星を調べる・・・いいなぁ・・・

ところが

 ハッブル望遠鏡は、スペースシャトルを使った部品交換や維持管理が中止され、2007年ごろに機能停止。早ければ2011年に地球に落下して大気中で燃え尽きる運命にある。

人の命を奪う大量殺戮兵器のなかった戦争にはあれだけのお金と物資を使い,人の夢を育てる望遠鏡に使うお金はないというのだ.


|

« 高校生を馬鹿にするな | トップページ | 風邪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/164281

この記事へのトラックバック一覧です: ハッブル望遠鏡:

» ハッブル宇宙望遠鏡 [Fozyの独り言]
太陽系外の惑星で酸素・炭素を初観測 欧米の研究チーム 大気が1000度(℃?)なら生き物は無理っぽいですね。っていうか、これってアサヒ・コムなんですけど、こすも... [続きを読む]

受信: 2004.02.04 04:12

» 『ハッブル望遠鏡が見た宇宙』 [生涯学習ブログ]
 『ハッブル望遠鏡が見た宇宙』(野本陽代、R.ウィリアムズ 著 岩波書店)は、天 [続きを読む]

受信: 2006.02.23 20:29

»  『カラー版 続 ハッブル望遠鏡が見た宇宙』 [生涯学習ブログ]
 『カラー版 続 ハッブル望遠鏡が見た宇宙』(野本陽代 著 岩波書店)は、『カラ [続きを読む]

受信: 2006.03.02 21:25

« 高校生を馬鹿にするな | トップページ | 風邪 »