« ウイルスメール | トップページ | 2分間の授業延長 »

2004.01.28

学校で麻薬

今回の高校での麻薬の売買・・・「我が校ではそんなことは絶対にない」と心から信じている教員はどれぐらいいるのだろう?

MDMAの錠剤はごく小さいから、万が一持ち物検査があったとしても隠すことはごく簡単だし,それ以前に今の高校では生徒の人権を守るために,持ち物検査は行わない.(生徒が凶器を持って学校に来ていても調べられないわけだ)

校内で麻薬をやれば分かるかもしれないけれど,少なくともCosのところではそんなことができる雰囲気はまるでない.

Cosのところは普通の生徒が集まる高校で,特に問題を起こす生徒がいるわけでもない.補導を受けた生徒がいないわけではないが,大きな問題を起こした生徒はいない.

教室を見てもほとんどの生徒はごくまじめで「麻薬」なんて想像もできない.もちろん中には遊び歩いている生徒もいるが,そういう生徒は本当にごくわずか.

だから、誰か知っている生徒の名前が出て,「MDMAをもっていた.」とか「麻薬所持で補導された」とかと聞いたら「そんな馬鹿な」と驚くだろう.

だが,知らない生徒だったら,「そいうことこともあるかもしれない」と納得しかねない.

しかも,信憑性はどの程度か分からないけれど,数年前から他の高校の中には学校の中で麻薬の売買が行われているとか,校内で麻薬をやっている生徒がいる学校があるとかといったうわさは耳にしたことがある.

それも,いわゆる問題児が多そうな学校ではなかったりするから、Cosのところがそうであっても不思議はない.(今のところはそういう問題は出ていないが・・・)

ある意味では学校は治外法権.

物が盗まれても,暴力事件が起こっても警察はめったに介入しない.生徒のそばに一日中教員がついているわけではないから、見ていないところで何が起きても,分からないことも多い.麻薬の売買にしたって,実際にはいろいろな学校でやっていることかもしれない.大人の目にはつかないだけで・・・

|

« ウイルスメール | トップページ | 2分間の授業延長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/144471

この記事へのトラックバック一覧です: 学校で麻薬:

« ウイルスメール | トップページ | 2分間の授業延長 »