« 毎日三食マクドナルドばかり食べると... | トップページ | MAILER-DAEMON »

2004.01.27

習熟度別

習熟度別授業で下のクラスになった生徒は意欲もなければ能力もないから、ますますできなくなって悪循環にはまり込む.

確かに以前夏期講習で一方的に成績順に分けた時には希望者のみであったはずの夏期講習の一番下のクラスのやる気のなさは目を被うものがあった.正規の授業でないために歯止めなくやらなくなっていくのだ.

だが,演習系の授業ではこのレベルの生徒たちはやはり授業についていけずにやる気をなくしてしまう.

Cosが教えているのは数学だから、数学のことしか分からないけれど,教科書ではなく,演習の授業ですべての生徒たちにあった授業というのは現時点ではありえない.

クラスの中でできる生徒は教科書レベルの応用問題はあっさりとクリアしているのに,得意でない生徒たちの中には教科書の基本も理解できてなかったりするのだ.両方同時に理解して満足できるような演習は今のCosにはできそうもない.

つまり,どっちのレベルの生徒も不満を抱えることになる.こうした不満は習熟度別の授業をすることによって,かなり改善される.

だから、できれば習熟度別の演習の授業をやりたいけれど一番下のクラスも投げ出さずに勉強ができるようにしたい.

ということで今はいろいろな工夫がされている.

一番上のクラスだけ新しく作ってそれ以外のレベルは一つにまとめる応用クラスを作る,基本,標準,応用の3つに分けるけれど,選択は生徒自身が行う,といった方法が考えられる.

この後者の場合の基本クラスがどんな様子かは外から(他の学校や当事者以外の目から)は分かりにくい.

個人的にはこの基本クラスの生徒が意欲を持って勉強するのであれば,ベストな習熟度別になるはずだと思うのだが・・・・なかなか難しいのだろうか?

というより,どんなやり方をするにせよ,もう数学を投げてしまっている生徒にどうやって意欲を持たせるのかが最大の問題なのだが・・・

|

« 毎日三食マクドナルドばかり食べると... | トップページ | MAILER-DAEMON »

コメント

はじめまして。

習熟度と聞くと、やはり学力的な面で優れているのか劣っているのかということでクラス分けをすると思うのですが、習熟度別の授業こそが真の平等だと僕は思います。なぜなら、上位の学力を持っているもは更なる学力向上が図れるわけで、下位の学力であるものは、基礎からやっていくわけでこれも実力はつくはずです。しかし、下位の成績な者はやる気がなくなってしまうことも事実です。例えば数学を例にとれば、

・なんで数学が出来ないのか
 わからないところがあるから
・それを克服するにはどうしたらよいのか
 基礎からの徹底した問題演習(演習と解説が4:6くらいになるように)

どんなに数学が嫌いな人だって、できるようになれば面白いはずですし、さらに学習を深めることが出来ると思います。そのためには、普通の人が考える基礎からではなく、さらに下の基礎から徹底した定着が必要になります。僕自身も、高校受験の1年前には数学ははっきり言って基礎も危なかったものの、しっかりした先生について1年間学習した結果、高校受験では国立高校の数学まで対応することが出来るようになりました。演習量は多分公立高校を受験した生徒くらいかと思いましたが、とにかく解説をきっちりとしてもらいました。正答に到達するまでのプロセスを完全に理解することが必要です。逆に基礎が出来ても応用的な部分が出来ないのであれば、それは演習不足と解説の量が少ないということになります。

投稿: Yusuke | 2004.01.27 19:47

「さらに下の基礎からやろう」という意欲がもてればいいですね.

どうやったらそういう意欲を持たせられるのかが一番基礎のクラスの課題です.

そういうクラスに入ったというだけで意欲をますますなくすのが現状かも・・・

投稿: Cos | 2004.01.27 20:38

男女比7:3のとある学校では、成績上位のみ共学クラスという
システムをとってるとこもあるとか。これって、向学心云々じゃ
ないですけどね(^^;。
まぁ、男は単純ですから、頑張る子もいるのかも。

私自身も中高と数学の成績で毎学期入替えを経験してます。
ゲームみたいな感じだったかなぁ、当時の気分は。

投稿: | 2004.01.30 22:04

同じ偏差値だと,こつこつと勉強するのはCosのところでは女子の方が多いから、上位のクラスが共学になるのは分かるかも∥^O^∥


習熟度も真ん中以上にとってはすごくいいんですよね.

投稿: Cos | 2004.01.31 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/141189

この記事へのトラックバック一覧です: 習熟度別:

» 「習熟度別授業」は機会平等への大事な道筋 [……それが問題だ。]
Ladybl@g/習熟度別授業に批判集中 こすもす/習熟度別 ※おおもとの記事は、習熟度別授業に批判集中 日教組教研集会閉幕(共同通信) 「自分も高校時代に... [続きを読む]

受信: 2004.02.17 01:52

« 毎日三食マクドナルドばかり食べると... | トップページ | MAILER-DAEMON »