« うさぎ | トップページ | 千の風になる »

2004.01.20

就学前保育はどうなってしまうのか?!

保育園、保育所が今変わろうとしている.それもどうやら子供のための変化では必ずしもないらしい。

ぴかさんのぴかのひとかけら: 就学前保育はどうなってしまうのか?!

世間では、来年度政府予算案についてにぎわっています。
三位一体改革など、地方の時代、タバコ税などの文字が
TVやニュースで飛び交っていますが、とんでもない!!!

実は、この中に、公立保育所の補助金を減らし、
一般財源化する案も盛り込まれています。
1200億~1700億円の削減になると言われていますが
実質は各自治体が現状維持したくとも出来ない状況すら
ありえると思われますので、もっとすごい事になっていくでしょう。
以前その案が出た時は、厚生労働省が少子化や
子育て支援の時代に逆行する!と大反発をしたと
新聞で読んだのですが、結局通ってしまうか?!
もう通ってしまったんでしょうか?!

保育士の方たちからいろいろと伺うと今の就学前の子供の置かれている状況が次第に悪くなってきているように見える.

子供のためにどうすべきかという改革ではなく、経済性優先の改革になってきているのだそうだ。

今、多くの保育所で一時預かりをするようになってきているけれど、そうやって預かった子供は毎日保育園に来ている子供と一緒に同じクラスですごすことになる場合も少なくない。突然一日だけやってくる子供の存在というのは毎日来ている子供にとってはどういう影響があるんだろう?

人生の最初の社会生活を送る保育園は、子守をするところではなく、広い意味でいろいろな人生経験をつんでいろいろなことを勉強する場でもあるはず。そこでどう学んでくるかがその後の小学校、中学校そしてまともな社会人になるための最初の場でもあるはずなのに、最初を大事にしなければ、後になればなるほど大変になってくるのに・・・

|

« うさぎ | トップページ | 千の風になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/120326

この記事へのトラックバック一覧です: 就学前保育はどうなってしまうのか?!:

« うさぎ | トップページ | 千の風になる »