« 今日は始業式 | トップページ | 最初の授業 »

2004.01.08

「私はロボット」の今

ロボット三原則

疲れてふらふらとあちこちをさまよっていたら,いつのまにかアイザック・アシモフの世界に入り込んでいた.

I Robot Nowでは、音楽まで含めてすごく懐かしい世界がそこに広がっていた.

アシモフの作った「ロボット3原則」「ポジトロン頭脳」なんと懐かしい響きだろう.銀河帝国の興亡の続編である「ファウンデーションと地球」のなかでもロボット三原則の拡張といったことに触れられていた.

ロボット工学三原則

第1条

ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。


第2条

ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りではない。


第3条

ロボットは、前掲第1条および第2条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


(アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾芙佐訳より)


のなかの第1条は個人としての人間に対するものであるが,これよりも強い原則として,人類すべてに対しての

第0条

ロボットは人類に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

(これは文章が違うかもしれないけれど、こんな内容)を付け加え,そのためにもっとも大切であるのが何世紀もの間存在しつづけてきたロボットの安全だと・・・・

アシモフによって育った子供たちはいくつになっても「ロビー(「私はロボット」より)」に対する信頼は揺らぐことがないかも知れない.Cosも数学なんかやらないでそっちに進めばよかったかなぁ・・

Ideal Break: 陽電子頭脳搭載、NS-5 登場?より


たとえば第一条「ロボットは人間に危害を加えてはならない」における定義の問題、「人間」とは何か?です。あれは人間、これはモノと認識できるロボット(人工知能)など現時点であり得るわけがない(まさか、あるの?)。

というように今はまだその時代が来てないけれど,いつかはそんな時代もくるのかもしれない.

|

« 今日は始業式 | トップページ | 最初の授業 »

コメント

「Ⅰ Robot」映画化するそうですよ。
監督は、カルト的人気を誇る「クロウ」「ダークシティ」のアレックス・プロヤスです。

投稿: bros | 2004.01.08 23:28

brosさん、こんにちは。
こういうのってすごく複雑な気分になりませんか?

今まで持ちつづけてきたイメージが壊れたらどうしよう・・・って

投稿: Cos | 2004.01.08 23:48

ロボットの記事2題をTBさせて頂きました。よろしくお願いします。

投稿: メジロ飼い | 2005.11.14 12:29

トラックバックありがとうございます。

ロボットが少しずつ進化して・・・・これからが本当に楽しみです。

投稿: Cos | 2005.11.15 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/83994

この記事へのトラックバック一覧です: 「私はロボット」の今:

» パワーローダー T-52 援竜 [Ideal Break]
「Ideal Break: 陽電子頭脳搭載、NS-5 登場?」で不遜にも、NS-5は冗談だと決めつけましたが、こちらは大まじめらしいです。たぶん、これなら実用化... [続きを読む]

受信: 2004.01.26 13:57

» ■恐竜ロボットとミューゼアム(2005.11.14) [アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―]
筆者の住む東京八王子に近い羽村市。ここに恐竜ロボットの世界的トップメーカーが。 [続きを読む]

受信: 2005.11.14 12:27

» ■ロボットもアートの世界へ(2005.10.6) [アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―]
ひところ話題になった犬型ロボット。育て方?でいろんな性格を身に着けていくロボット [続きを読む]

受信: 2005.11.14 12:28

« 今日は始業式 | トップページ | 最初の授業 »