« 記事に区切りをつけた | トップページ | 現実の遠近法? »

2004.01.02

@niftyからの手紙

去年の暮れにきた手紙なのだが,今まで行方不明だったので・・∥^O^∥

現在ご利用中のアクセスポイントは「@niftyアクセスナンバー」へ統合されます.今後のお手続きについてA,Bコースいずれかを選択し,必ずご返信ください. A 電話料金のかからないコースへ変更申し込みの場合    おすすめ→ADSLライトコース 1Mbps B 現在のコースを継続される場合    無制限コース 56kbps

というはがきがきた人は少なくないんじゃないだろうか?

「コースをおすすめ」という宣伝は別に文句をいうつもりもないけれど,なぜ返信しなければいけないのだろう?

しかも

2004年1月31日までに必ずご返信ください

となっているのだ.どうして返信しなければいけないのだろう?ほおって置くことによって何かデメリットはあるのだろうか?

|

« 記事に区切りをつけた | トップページ | 現実の遠近法? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/68214

この記事へのトラックバック一覧です: @niftyからの手紙:

« 記事に区切りをつけた | トップページ | 現実の遠近法? »