2020.01.03

夜の東博

 「博物館で初もうで」というキャッチコピーにつられるからだろうか、お正月の東博はとても混んでいる。確かにお正月ならではのイベントがあったりもするし、いいものをあれこれ展示もしている。あそこまで混んでいなければ、ぜひ行きたいと思うのだが、あの混雑の中に身を置くのはごめんだ。

 ところが、今年は1月3日が金曜日。「夜間開館だからそんなに混んでないかも」という友達の言葉に乗せられて、ついふらふらと東博の夜間開館へ。

 Img_2930

 それなりに人はいるけれど、昼間の混雑に比べたらたいしたことはない。当然だけど、獅子舞も、和太鼓もないけれど、いい雰囲気。

 本館の中に入ると突然「今なら待ち時間はありません」の声。あれ?なんか特別展をやってたかなぁと思いながら言われるがままになかに入ってみると・・・中にはこんなものが。


Img_2938   


どこか見覚えがある。世事に疎いCosでもたぶんニュースで見たものだろう。特別公開の「高御座と御帳台」展。そういえばどこかで一般公開されると聞いた気がする。わざわざ見に行きたいとは思わないし、Cosには縁のない世界の話だから気にもしていなかったそれが目の前にド~ンと現れたのだ。せっかく目の前にあるのに見ないのはもったいないし、何よりも歴史と日本の工芸の極意が集まっている(のかもしれない)と思ったので、ちょっとじっくり見ることにした。

P1090430

 高御座のてっぺんについている鳥のようなもの。鳳凰だろうか?正面から見ると結構かわいいイメージ。と言っても会場では高さもあるしはっきり見えるほどは近くない。(パンフレットを見たら、大鳳(たいほう)とあった。 御帳台の上にあるのは鸞(らん)という瑞鳥だそうだ)

 P1090428

御帳台の中の椅子の両側にある机のようなもの。ひじ掛けではなさそうだけど、カバーがかかっているのかこういう作りなのか??と思って、もらってきたパンフレットを見ると、剣璽(けんじ)と国璽および御璽を置く案(台)ということだった。 

  なんとなく今回の即位に合わせて作られたような気がしていたのだが、大正天皇のときに作られたもので、普段は京都御所に置いてあるのだそうだ。見た限りではきれいに磨きこまれていて、大正時代の作品とはとても思えなかった。とはいうものの、今の時代に作ろうとすればまた違ったイメージになるんだろうな。

 Img_2933

こんな衣装を身に着けていたらしいけれど、一瞬、クレージュかと思ってしまいそうな柄。よく見るともっとずっと凝った柄で、作るのも大変だったろうと思われる。

 ということで、予定外だった特別展は終わらせて、本館のお散歩。

最初の仏像のところでは室生寺の仏像が何体も来ていて、写真不可。

P1090351_20200103230701  

なんとなくユーモラスな顔をした不動明王立像。11世紀の作品だそうだけど、目元が気になってじっくり眺めてみると 

P1090356

なんとウインクしているではないか。今にも語りだしそうで楽しい。

 

 そして今日の最大の目的の一つ、がこれ。

P1090417    P1090419

ネズミ年なので、ネズミを楽しんだり、今まで何度も見てきたもの、初めて見るものを楽しんだ夜でした。

 

 

 

| | コメント (0)

年の初めの近代美術館

近代美術館工芸館の後は本館へ。

タダなのは常設展だけなので、そちらへ。

企画展にはゾロゾロと人が入っていくけど、常設展はもともと空間も広いし、いつもと変わらず、のんびりと鑑賞。

P1090290

中村正義の源平海戦絵巻。5枚全部が展示されているのは初めて見たかも。

好きなのかどうかと聞かれると好きじゃないんだけどじっくりと見てしまう一枚。

 

じっくりと見て回った後、来年のように出会った友とはお昼を食べてお別れ。相変わらず忙しい人だった。

 

 

| | コメント (0)

年の初めに

 今年も元日は例年のごとく墓参りならぬ墓掃除。

去年の後半は、雨が多かったり、土日が毎週のように忙しかったりでほとんど掃除に来ていなかったこともあって、草ぼうぼう・・・

今年こそはもう少し手入れをしようと思ったけれど、1月もほとんど週末は埋まっている・・・困ったなぁ

 

2日も例年のように国立近代美術館と工芸館からスタート。この2館は1月2日は常設が無料なのだ。

工芸館は現在の「パッション20」(2019.12.20~2020.3.8)を最後に石川県に移転してしまうからか、いいものが多かった。工芸館は建物は古いけれど、人は多くなく、のんびりと作品を楽しむことのできるオアシスだったけれど、金沢に引っ越してしまえばそんなに遊びに行くことができなくなる。期間中にもう一度行ってきたい。

 

香川勝弘 銀製彫刻 美濃亀の彫刻

お正月だからまず私たちを出迎えるのはこの亀と鶴の壺(こっちは写真を撮らなかった)。藻のようなしっぽが付いたカメはそれだけで年齢を感じさせる。静かに時を過ごしてきたカメがそこの静かな空間を作っている。

 




この2枚は同じ作者が作ったもので、左が工芸館にあったもの、右が本館にあった作品。どちらも同じ手法で作られているのだろうけれど、どちらも表面にはたくさんのひびというよりは模様が入っていて、不思議な感じがする。

蜜のようなというガラスの作品。固い硝子だとわかっていてもねっとりとした滑らかさが伝わってくる。

側面の木の色と上側に描かれた木の幹の色は微妙に違っている。違っているからこそ、一体感があっておもしろい。

小名木陽一 赤い手袋

写真を見る遠くの方の人の大きさを見るとどれほどこの手袋が巨大かがわかってくる。これだけ大きいのに、恐怖を感じさせたり、違和感を感じさせたりはしない。

12の鷹。1893年の作品。鷹の生き生きとした姿が今にも羽ばたきそうな印象を与える。

P1090214

四谷シモン。先日彼の個展があったらしいが、見そこねてしまった。残念。

 

見ていると時間の流れも少し変わってくるような気がする。時間も場所も超越した作品たちが並んでいる。

これが身近な場所から消えてしまうのはとても残念だけれど、伝統工芸ということになると東京よりは金沢のほうがふさわしい気もしてくる。

あちらに引っ越したらいつか見に行こう。

|

2019.08.19

伝統の朝顔の20周年

P1080662

 夏になると、変化朝顔を見に佐倉の歴博に行きたくなる。

でも、歴博は行くには時間はかかるし、暑いしでなかなか行く勇気が出ない場所でもある。しかも、朝顔は朝早い植物だから、昼頃にはしぼんでしまう品種も少なくない(ただし、変化朝顔は遅くまで開いている品種も結構ある)から、向こうに10時ぐらいには着きたい。

 伝統の朝顔展をやっているくらしの植物苑までは京成佐倉の駅から歩いて25分、バスを使っても待ち時間があるからそんなに時間は変わらない。JR佐倉からではもっと距離があるからバスを使うしかない。

 そんなこんなで結局行かずじまいになる年も少なくないのだ。

 でも今年は歴博が朝顔を初めて20年ということで本館でもミニ企画展をやっているから何とか行く時間を作ろうとは思っていたところに、友人から、「8月17日に行かないか?」という誘いを受けた。この日は歴博フォーラムとして「伝統の朝顔20年の歩み」という講演会もあるとのことで、「東京36度」という予報の中早起きをしていってきた。

10時半前にはくらしの植物苑についたけれど、ひたすら「暑い!」。パッと見たところ、「これは新しい!」というものも見えなかったけれど、パネルから見て回る。

 


P1080573

ふむふむ・・・新しい朝顔・・・歴博で見つかった新たな品種や過去にはあったけれど、消滅してしまっていたものの復元などが出ているらしい。

そういわれてじっくり見て見ると、

 

P1080579

青い牡丹咲きの朝顔なんだけれど、花弁の色が折りたたまれているところは濃い色というように、場所に合わせて違う色をしている。名前が419系統(整理番号?)の出物で「黄/抱/常葉(ここまで葉っぱ)紫/丸咲/牡丹(ここまで花)」。

この花は419系統のこの花と同じ遺伝子を持っているのだ。ただし、どちらも種を付けない花(めしべやおしべがないが花弁に変わってしまっている)なので、牡丹咲きにもなっていない普通の朝顔(親木)からとった種をまくことによって、ごくわずかな確率のもとで現れてくる希少花なのだ。

P1080585

 実際に種を買ったりもらったりして家で育ててみても、こうした出物になることはまずない・・・というか私は一度もないし、他の友達に聞いても「出た」という話は聞かない。

 出物から種を取ることができない以上、何百本も育てて、その中から見つけることしかできていないらしい。しかも一年草だから秋(または冬)には枯れてしまう。何とも儚い。

P1080611

これも朝顔。渦小人。今回は花の咲いたものはなかったけれど、こんなのを見ていると奇形だということがよくわかる。

もう少し暑さがましだったら、もっとじっくり見たかもしれないけれど、私たちは暑さに負けて本館に退避。

本館で少し展示を見てからレストランに。11時半だというのにもう満員でしばし待たされたが、無事に12時前に食事にありつけた。

 午後からは第111回歴博フォーラム「伝統の朝顔20年の歩み」

辻誠一郎先生(東京大学名誉教授)による「伝統の朝顔前夜」の話。どれほどの急展開だったか捧腹絶倒のおもしろさ。1999年8月に開催するために、1999年4月に九州大学の仁田坂先生のところへ行って、種を分けてもらったとか・・・

それを受けて立つ仁田坂英二先生(九州大学准教授)。「変化朝顔」と言えば、この人。「余談ですが」から始まって、余談がかなり長かったけれど、歴博で出している「伝統の朝顔」の3冊の図録の話など、裏話に終始していたような気もする。家に帰ってからいただいたリーフレットを読んだ限りでは「聞いてない」話ばかりだった気も・・・

国立生物学研究所の星野敦先生、生物学の話かと思ったら、必ずしもそうではなくて、「歴博」ということで意識して話されたのだと思うけれど、江戸時代の文献などを調べ、変化朝顔のルーツ、朝顔のルーツが松山アサガオなのか黒白江南花(こくびゃくこうなんか)なのかということをDNA解析を通じて調べた話。この話の中で「最近の高校の生物の教科書にも出ている「トランスポゾン」」という言葉に引っかかった。

「トランスポゾン」という言葉はどこかで聞いたことがある程度には知っていたけれど、どんなものかはよく知らなかったのだ。もちろん、Cosが高校にいたのは最近ではないから、最近の高校の教科書も見たことがない。しかし、そんなメジャーなものがよくわからなかったのはkn後の宿題だなぁ・・・

 この後夜の予定があったので、残念ながら太田記念美術館の日野原健司先生の話や台東区中央図書館の平野恵先生の話を聞かずに帰らなければならなかった。(まあ、Cosの苦手な歴史だし…)

歴博から京成佐倉までの道は暑く、心地よい講演会の後では厳しいものがあったし、帰りの京成線は成田からの大きな荷物を持った人たちがたくさんいて、お盆の終わりを感じさせられた。

 

 

| | コメント (0)

2019.01.26

絵画の行方2019

 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で20191月12日~2月17日まで行われている「絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展」の内覧会に行ってきた。

FACEは損保ジャパン日本興亜美術館で2013年から行われている公募コンクールで、審査をした本江邦衛先生から、審査員の方たちは名前、性別、年齢などは一切知らされないまま、絵だけを見て判断するとのお話を伺った。

 それが実感できたのは2017年の優秀賞を取った石橋暢之さんの作品を見た時だったかもしれない。

Dscn0039

 これが優秀賞を取った「ジオラマのような風景」、緻密に緻密にボールペンで描かれたこの絵は確かに今風の描き方とはちょっと違っているようにも見える。
 彼は1944年生まれ、そして最初にとった賞が2014年国展での入選。70歳になるまで描き続けたのだろうけれど、この絵のどこにも年齢を感じさせるものはない。強いて言えばさっきも書いたように描き方が今風ではない感じはするけれど、彼のち密さはまた、Cosの好きな佐藤学と共通したものを持っている。

 正直なところ、彼があと30年描き続けることができるかどうかはかなりの疑問だし、審査員が彼の経歴などを知っていたらまた違う結果が出てきた可能性もありそうな気がする。
 

 もともとこうした「今」の絵を見るのは「これから」がどうなっていくのか、今の時代にどんな景色が広がっているのかを見るのが楽しみだったけれど、今回は正に「今」あるいは「昨日」を見たような気がした。
 2016年から2018年までのグランプリと優秀賞の受賞者の作品がそれぞれ何点かずつ展示されていて、受賞作だけでなく、いろいろな作品を見ることで全部が同じような印象しか受けないものや、一つ一つの絵の中にいくつもの方向性が見えるものなどがあって、その人の人となりが垣間見えたり、揺れ動く気持ちが見えたりしてとても面白かった。

Dscn0086
                  遠藤美香 「宙返り」

 中に入ってまず目につくのがこの大きな白黒の絵・・・と思っていたのだが、実はこれは木版画なのだ。あまりの大きさと鮮明さにてっきり絵だと思ったのだが、そういわれて蕎麦によってじっくり見ると確かに黒が柔らかい。その柔らかさがこの絵の雰囲気になっていて、きりっと描いているようでいながらどこか柔らかい感じがする。グランプリをとった作品は「水仙」という作品でこれとは違っているのだけれど、私にはこっちのほうが広がりがあって好きかもしれない。

 そしてその奥に入ると、

Dscn0100

 この写真からはわからないけれど、かなり暗くされた部屋にまず目につくのがこの顔たち。

 唐仁原希さんの「ママの声が聞こえる」(写真の方が唐仁原さん。絵のイメージとは違って明るい方)。

 彼女の描く絵はもう一種類違った感じのたとえば「ここにいたいから」

Dscn0092_2

といった種類のものもある。ちょっと見ると何の変哲もないかのように見えるけれど、じっくり見るとどこか不気味なのが共通しているかな。

 ご本人からお話を伺うことができたのだけれど、彼女の展示スペースを暗くして、どちらかというと上のほうに絵を展示することで、昔のヨーロッパでの展示の雰囲気を出したかったとのこと。たしかに不思議などこかミスマッチしているかのような空間だった。


 そして、どこがいいのか自分でもよくわからないけれど、目が離せなくなったのが、

Dscn0057

FACE2018グランプリの仙石裕美の「それが来るたびに跳ぶ、降り立つ地面は飛ぶ前のそれとは異なっている」。

どこがいいのかよくわからないけれど、見たとたんに目が離せなくなった一枚。少女を描いた赤の色にひかれてしまうのかもしれない。同じような色遣いの

Dscn0059

「水の国の入り口」。水着の無機質さがとてもいい。このまま上がってこないかもしれない世界が描かれている気がした。

ほかの作品ももちろん賞を取るだけのことはあって、面白いものが多かった。「今」そして「これから」を垣間見てきた気がする。





 



 


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.25

この一年

 ことしは年の初めに予想もしなかった一年だった。

おととし、今まで時間がなくて学ぶことのできなかったもろもろのことを学ぼうと放送大学に入り、始めたコーラスで3月にはNHKホールで学位授与式で学歌を歌い、9月にはなんとウィーンの教会でシューベルトのドイツミサ曲を歌うという生まれて初めての経験、いや、人と一緒に歌うこと自体この年になるまで考えたこともなかったのだから歌に関するすべてが生まれて初めての経験に違いないのだが…

Img_04852

ちょっとピンボケだけれどこの教会の祭壇の前で歌った。

 そして今、第九(の一部)を練習中。第九は嫌いではないけれど歌いたいと思うような曲でもないけれど、「コーラスやってます」というなら一度は歌っておいた方がいい曲であることに間違いないから、というわけで練習しているわけだ。一応来年3月の学位授与式でうたう予定。

 来年も歌を続けるのは間違いないだろうけれど、今年ほど集中して取り組むかどうかはまだわからない。

 やりたいことはほかにもたくさんあるし、財政的にももう少し考えないとまずいかもしれない状況だし・・・

 でも、とても楽しくいろいろな体験のできた一年だった。来年もまたいろいろな面白い体験を積み重ねたいなぁ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.01

日本画の挑戦者たち

先日、山種美術館の「[企画展]日本画の挑戦者たち-大観・春草・古径・御舟- 」の内覧会に行ってきました。この記事の写真は全て許可を受けて撮影したものです。

P1060141


1898年、横山大観らを率いて岡倉天心が設立した日本美術院ができてから今年で120年。この日本美術院で画家たちが自分自身の中から、西洋に触れることで、新しい日本画に挑戦し続けた結果をつぶさに見ることができる。さっと見過ごしてしまえば、それまでではあるけれど、どんな挑戦をしているのか、そこに注目することでまた違った日本画の楽しみ方ができる。

P1060143

                         「猫」小林古径 山種美術館

 真っ先に目に付くのがこの猫。いまひとつ上手く撮れていないけれど、きりっとした猫の姿お出迎えはうれしい。
 このような姿勢や耳の形はエジプトのバステト神とも共通した描かれ方なのだだそうだ。

 そして、

P1060149
                      「不老門・長生殿」 橋本雅邦 山種美術館

 この橋本雅邦の不老門と長生殿。文学や謡曲などに引用されていて、吉祥のモチーフとして知られるのだそうだけれど、(たぶん)中国の里からは離れた山にあるのだろう、静かな空気が伝わってくる。

P1060153

                       「不動明王」 下村観山 山種美術館

 不動明王は艱難を焼き尽くし、衆生を救うのだそうだが、この写真を見る限り雲に乗っているだけに見える。だが、そばによって見るとこの不動明王、実は筋肉がついた立派な体をしているのである。その上、よく見ると乗っている雲も直線的。直線的な雲を描いた日本画もあるだろうけれど、この構図あんまり日本画にはなさそうな・・・と思って画面の左下の部分をじっくりと見るとそこにはローマ字で「Kanzan」・・・Cosに読み取れたのは最初のKanだけなのでzanなのかどうかは分からないんだけど・・・
 この絵は観山が英国留学中に描いたものではないかと言うことだが、西洋画の影響がはっきりと出ているようにも見える。
 ぜひ、実物をじっくり見てもらいたいなぁ。

 

P1060166_2
                      「清姫 寝所」 小林古径 山種美術館

P1060175

                     「清姫 鐘巻」 小林古径 山種美術館

 上の2枚は小林古径の描いた清姫(全8枚)の中の2枚。
紀州の道成寺伝説の安珍清姫の物語を描いたもの。雅の世界を垣間見るような高貴さのある絵。 古径が自分の手元においたと言うだけの事はある気がする。

 この絵の清姫はいたいけな少女のようでもあり、決して人をうらんだり憎んだりはしないようにも見えるのに、安珍のうそやごまかしが彼女を蛇の姿にして焼き殺そうとまでする。古径の絵を見ていると恨みや憎しみよりも悲しみが勝るようなこの清姫の気持が伝わってくるような気もしてくる。
リンク先のウィキペディアの記事を読むと印象がまったく違うのだ。

P1060180_2

                       「柿」 速水御舟 山種美術館

 この柿の絵も挑戦的な日本画。柿の立体感を見事に描いている。この絵を見たとたんに筆柿が食べたくなるのは当然だろう。さすが御舟。

P1060185

                      「牡丹花(墨牡丹)」速水御舟 山種美術館

 普通ならば色をつけて描くであろう花を墨で描き、逆に葉を色をつけて描いたと言う御舟の挑戦。見ていると色が見えてくるから不思議だ。

P1060182
                     「春昼」 速水御舟 山種美術館 (10月14日までの展示)

 これも御舟。のどかなわらぶき屋根の家とも見えるけれど、黒い戸口がどことなく不安を感じさせる。この戸口の中にははしごが描かれているのだそうだけれど、実際に見た限りでは分からなかった。そして、家に帰ってから拡大してじっくり見たら・・・見えた・・・なんだか不気味。
 もちろん会場が決して明るくないこともあるだろうけれど、解説をしてくださった明治学院大学教授の山下祐二氏によれば、このはしごの位置も怖いものがあるとか。何を思って御舟はこの絵を描いたのだろう?

P1060192

                      「春庭」 小茂田 青樹 山種美術館

 ちょっと季節はずれているけれど、生き生きとした春の庭。青樹がこの絵によってそれまでの作風から脱却して精密描写や質感表現より写実性を追及するようになっていく。
 確かに西洋的な風景画にかなり共通した印象があるような気がする。

P1060205
                      「水花火(螺)」 宮廻 正明 山種美術館

 これは今回の展示の中で一番新しい2012年の作品。背景の水は点描のように描かれている。薄い和紙に裏彩色を用いた独自の作風を確立したのだそうだ。これがそうなのかどうか・・・よく分からない。
 しかし、日本画の世界の広がりを確実に感じさせる一枚。この人のほかの絵も見てみたい。

 

P1060213

 最後はお約束の和菓子。私が一番美味しいと思ったのは・・・阿蘭陀菊図をモチーフにしたもの。どれだと思いますか?
 正解は会場で。











 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.18

モネ それからの100年

2018年7月14日(土)~9月24日(月)までみなとみらいの横浜美術館で行われてる「モネ それからの100年」展の夜間特別鑑賞会に行ってきました。

P1060011


クロード・モネClaude Monet, (1840年11月14日 - 1926年12月5日)が好きな人は多いし、Cosももちろんその一人。と言ってもモネなら何でもいいと言うわけじゃない。今回だって、後から考えてみれば、すごい作品ばかりが来ていたわけじゃないのに、「わたしがみつける新しいモネ」というサブタイトルに引っ張り込まれた感じがする。

モネの作品と現代の作家の作品を並べて展示することにより、その中の共通したものを見て欲しい、新しいモネを見つけて欲しいということなんだろうな。


     今回の写真は全て夜間特別鑑賞会のため特別に撮影許可をいただいたものです。

P1050958
どちらもモネの睡蓮。上手く撮れていないけれど、左の「睡蓮」(1906年)は目玉の一つで、この、「モネ それからの100年」と言えば、この作品が使われている。
右側の作品が「睡蓮、水草の反映」1914-17年。水草も睡蓮も途中で切れていてその向こうまで続いていることを感じさせる。これは4章「フレームを超えて」と題されたコーナーのモネの絵。
確かに、左の睡蓮は水面の広がりを感じさせるし、右の睡蓮はすべてがもっと広く広がっている感じがして、どちらもフレームの中に収まっていない感じはする。

P1050974

右はサムフランシスの「Simplicity(SEP80-68)。左はアンディ・ウォーホールの「花」・・・
確かにどちらもフレームにおさまりきってないけど・・・そうくるか?

まあ、サム・フランシスは好きなので、いいんだけど・・・モネの絵の中に同じものを感じるかと聞かれれば、「なんか違う」と言う気がする。

(いい写真がなくて、ぼけてしまっているけれど)

P1050898

色を重ねて光を表現している「セーヌ河の日没(冬)」と

P1050922

モーリス・ルイスの「ワイン」(左)と「金色と緑色」(右)はとてもよく分かる気がする。どちらも、色を重ねることによってはじめて出てくる美と言う感じがする。ただし、Cosはモネとモーリス・ルイスを並べてみることになるなんて、夢にも思わなかったけれど。絵のサイズからして違いすぎるし・・
同じコーナーにはマイク・ロスコーの作品もあったし、Cosの好きな現代作家が目白押しだったのはとてもうれしかった。

そして、モネと並べずに単体で見たらきっと印象はまったく違っただろうなと思える作品も多かった。「Ⅲモネへのオマージュ」の中で特に印象的だったのは

P1050946
左の堂本尚郎の「連鎖反応-クロードモネにささげる」と右に少しだけ見えている福田美蘭の「モネの睡蓮」。この2枚はモネを通じて初めてその共通性が見えてくるような気がする。また、ここにはないけれど、ロイ・リキテンスタインの「日本の橋のある睡蓮」も同じ。

モネはその絵を見たことのない人はいないだろうと思えるほどの画家だけれど、それが今の美術にどんな風につながってくるのか、とても面白かった。視点を変えてもう一度見ていたい美術展の一つ。

P1060010

 会場の入り口で真っ先にであうモネ「睡蓮」1914-1917.これと上にある「睡蓮、水草の反映」からの100年。実はモネがこれほどまでに現代美術に近かったことを感じさせた一枚。
9月までやっているので、もう一度確かめに行きたい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.15

千秋美術館と秋田県立美術館

 今回の東北旅行の最後は秋田市内。

暑いのである。出かける前に聞いた話では東北は天気が悪く寒い・・というか涼しいはずだったのだ。
 それなのに、Cosが行ったら、多少の雨はあっても毎日お日様は元気に地上を照らし、暑さの苦手なCosはおろおろ歩いたのだ。

 この日も朝一番でどこも開いていない時間に千秋公園を散歩・・・暑くて登りで・・・まったくCos向きではなかった。

P1050817
 なんとなく面白そうだなと思ったのだが・・・

P1050819

これは八幡秋田神社千秋公園内にある。一度火事で焼けて平成20年に再建したものだそうだ。

 

P1050827

 この水音につられてついふらふらと上まで上がって、

P1050822

 秋田の町を見下ろしてきた。暑かった・・・

というわけで、この日はオープンとほぼ同時にまず千秋美術館へ。「秋田蘭画ことはじめ

P1050837
 秋田蘭画という言葉は聞き覚えのある言葉だけれど、実はよく知らなかった。秋田半で始められた洋風画なのだそうだ。悲しいことに、会期末だったので、フライヤーがなかった。

もちろん撮影禁止だから手元にある資料は出品リストだけなので、得の紹介をできないのが残念だけど、なかなか面白かった。実際に秋田蘭画がどんなのものなのかはリンク先にあるものを見てもらうしかないけれど、このページの一番右の獅子は小田野直武の獅子図。なかなか面白い表情をしている。

 佐竹曙山の「燕子花にナイフ図」(リンク先中央)も何でナイフ?という疑問はあるもののとてもいい絵だった。
 こういう絵はは前にも見たことがあり、たぶん東京でも何かしら見るチャンスはあるだろうから、そのときを楽しみにしよう。

東北最後の美術館は秋田県立美術館。
企画展は「夜と美術」(2018.07.08まで)。暑い日差しの中ではこのタイトルが人をひきつける。思わず吸い寄せられるようにふらふらと・・・

P1050835

ここは平野政吉美術財団の藤田嗣治作品が展示されており、その中でも「秋田の年中行事」という大きな壁画を中心のワンフロアとその上の吹き抜けのまわりのギャラリーとに分かれる。
 藤田嗣治の年中行事は見ごたえもあるしなかなかいい作品だった。さらに、吹き抜けの上側から見ることができるので、また違った表情を見せてくれる。

 ただ、ギャラリー自体は余りなく、また、テーマに沿った作品をがんばって集めた感がある。

さらに作品のうちの1/3ぐらいは一人の人の写真で占められていて・・・写真としては悪くはないけれど・・・

 このフライヤー にある舘岡栗山の「かまくらは」涼しそうでよかった。

こうして東北の駆け足のたびが終わったけれど、できればもっと自然を楽しむ時間が欲しかった。・・・もっと気候のいいときに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田はチームラボ

 東京だって2箇所ぐらいでチームラボをやっているのである。それにもかかわらず、今回の東北行きを決めたのは秋田でチームラボをやると聞いたからである。

 しかも諸般の事情でこの日しかいけないというぎりぎりの日程。青森のあと盛岡に泊まって、新幹線で一路大曲へ。
 大曲って花火しか知らない気がする・・・

36414760_1945455868821994_709182411

 ここからさらに電車に乗って横手へ。横手も焼きそばぐらいしか知らない・・・あぁ・・・地理は苦手なんだ・・・横手駅からさらにバスに乗って、「ふるさと村」へ。

この中に今回の目的地秋田近代美術館がある。

P1050812

これは美術館側からふるさと村を撮ったので、美術館自体は写っていない。
秋田県立美術館は独自の収蔵品も持っているようだが、今回はほとんどがチームラボ。

踊る!アート展と学ぶ!未来の遊園地 と題して、5階と6階のフロアをほぼ全部使っての展示。

P1050771

最初に見たのが、百年海図巻 アニメーションのジオラマ リンク先にアニメーションがあるけれど、波の一つ一つを見ていても飽きない。
 壁面に映し出された海は床にも反射され、その床の波の中に人がいる。床に座り込んでじっと見ているCos。リンク先の映像はわざとピントを甘くしているような気がするけれど、実際にはもっとくっきりした波。

 いい音楽を聞きながらならずっとそこにいてもいいような気がする。

花と人、コントロールできないけれども、共に生きる  これは見ているだけなのか、それともこちらの存在に何か反応をしているのかよく分からなかった。だけど、そこで映像と人が一体になるのかも。

P1050779


世界はこんなにもやさしく、うつくしい これは前に茨城の「県北」展で見たのと同じもの。

上から漢字が落ちてきて、その漢字に触るとそれが実際に現れる。この写真ではたぶん「虹」に触れたのだろう。触れることによって言葉がどんな風に表れるのか、必ずしも同じとは限らない(様な気がする)、ある程度の規則性はあるけれど、場所によって表れ方に違いがある。
 漢字を見たとき、私たちはそれを意味でとらえるけれど、ここではそれが絵になって表れる感じ。

リンク先では触れなくても映像化するけれど、実際にやってみたところは触らないと変わらない気がする。

P1050790

もちろん、子どもたちが我先に漢字に触って楽しんでいるし、見ているこちらもそれがまた楽しい。
 こうした展示は人が多すぎるとつまらないけれど、写真の程度の人数なら、一人ひとりが楽しむこともできるし、見ていても楽しい。
 リンク先を見ればある程度は分かるけれど、これは実際の展示室で楽しまなければ、その魅力は半減してしまう。

 そして、ドアを閉められた暗い室内の決まった場所で鑑賞する追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして超越する空間

これはさすがに写真をとらなかった。真っ暗な中で撮影しても実際に見たものとは程遠い内容になっているし、なんといっても自分のまわり全てに映像が動き回る。
 実際にCosの前の回に入った男の子は怖くなって逃げ出してきてしまっていた。自分自身が映像と音に包まれて、そこにいるのかいないのか、暗い中での光だからよく分からないけれど、3Dだったのではないかと思う。
 リンク先では女性がいつも見えているけれど、実際に体験してみると他の人の存在はほとんど感じない。
 「あぁ、カラスだ、」なんて思うことはあってもその光の波の中で映像を追いかけてしまっている。わくわくどきどきの5分間だった。

 たぶん、ここまでが「踊る!アート」の部分で、ここからが「学ぶ!未来の遊園地」になるんだろうと思う。

P1050804

花と共に生きる動物達 いろいろな模様をつけた動物たちが歩いてくる。そこに触れると花になったり、他のものになったり、表面だけでなく、形も変わっていく。
 これを見て思い出したのが、十和田現代美術館で見たフラワーホース。正にあれを動かした感じ。子どもたちが動物について歩き、さわり、笑い・・・楽しそうだった。

 その後は子どもたち(に限らないけれど)実際にやって楽しむコーナー。

P1050808

自分の書いた魚や亀などが泳ぎ回るお絵かき水族館

P1050810
滑り台を滑りながらボールに触ると花になる滑って育てるフルーツ畑。(小さい子限定らしく)子どもたちはすべることに熱中していて、なかなか触れようとしないのが面白かった。

P1050811

小人が住まうテーブルや(写真はないけれど)小人が住まう壁は手を置いたり、者を置いたりするとそこで目玉焼きができたりいろいろな変化を起こす。

 この辺になってくるとアートというよりもお遊びという感じかな。

Cos自身はこうした遊びが悪いとは思わないけれど、なんだか違和感を覚える。マジックボックスに慣れてしまうと、何が起きてもそれを受け入れてしまいかねない気もする。

アートとして楽しんでいる間はいいけれど、子守をさせるようになったらまずいんじゃないんだろうかと。

いやぁ、それにしてもとてもよかった。人も多すぎず少なすぎずでじっくりと堪能することができた。
 実際のところはどうか分からないけれど、東京だったら人が多すぎて「見ました」「終わりました」になってしまうんじゃないかなとも思う。そう思うとなかなかいく勇気が出ないのだが、行って来たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«青森県立美術館、棟方志功記念館。