2017.01.12

ポーラ美術館ギャラリートーク駅伝

ひょんなことから譲っていただいた「青い日記帳」Takさんと行く『ポーラ美術館新春ギャラリートーク駅伝』バスツアー」に参加してきた。参加者募集の記事を見たときにちょっと「行きたいな」と思ったんだけど、最近は積極的に「何かをしよう」と言う気持ちに慣れなかったので、いくことができて本当によかった。

 Takさんはずっと前から存じ上げているけれど、お目にかかるのはすごく久しぶり。年を追うごとにハイスペックになっていて「できる人は違うなぁ」・・・なんていうことを思いながらバスに友達と乗り込んだ。
 バスの中では広報の方がこのツアーの成り立ちをはじめいろいろなことを放してくれるだけでなく、ポーラ美術館クイズまで行われた。残念ながら前門正解にはならなかったけれど、商品をいただいてしまった。

P1040469
 陰になってしまっていてわかりにくいけれど、藤田の職業のタイルの柄のチョコレート。去年行った府中市立美術館の藤田嗣治展ではほとんどこの子供の絵がなかったが、ポーラ美術館のコレクションは半端ない(最大)なのでとても楽しみ。

 途中足柄のPAでまだ11時だと言うのにお昼ご飯。美術館についてしまうとギャラリートークがあり、それを聞いていたりすると食事の時間が取れなくなってしまうのだ。

P1040353


なんと、足柄には蕎麦のないうどん屋さんがあるのだ。これはもううどんを食べるしかない、というわけで、豚汁うどん。今にも雨(か雪)の降りそうな寒さだったので体があったまってとてもおいしかった。だが・・・そのおかげで時間がなくなり何も買わずにバスに戻ることになってしまった。

 足柄からは30分もかからずにポーラ美術館へ。

 ガラスの屋根だけのようなサンルームのようにも見えるポーラ美術館のエントランスは異世界への入り口。

P1040354

こんなサンルームのようなところからエスカレータに乗って降りていく。降りていくことで日常から切り離されていく感じ。

 まず最初はツアーの面々だけのための「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ----境界線への視線」の解説。
 正直なところアジェという人の名前は聞いたことがなかったしほとんど関心もなかったんだけど、この解説の中で一番印象に残ったのがアジェの話。役人をしていたアジェが町の風景をとり続けていろいろなところに写真を売っていた。その写真がアメリカにわたり、芸術家たちに評価されるようになったとのこと。ルソー、フジタ、アジェの3人ともがパリの市街と郊外の境界線上を描いていたこと。描くものは違ってはいたけれど、それぞれにそこに住む人々の営みを描いていたこと。といったような話を聞いた。

 次にTakさんの学芸員さんのクロストーク。この中で美術館同士の絵などの貸し借りの話などを聞くことができて、とても面白かった。

 その後自由行動ということになるのだが、この日は「ギャラリートーク駅伝」とのことで、朝の10:00からほぼ休みなく駅伝のように次から次へとギャラリートークがある。

 10:00からクロード・モネ、10:30からベン・ニコルソン、30分ごとに次から次へとギャラリートーク。・・・そしてツアーの人たちは13:30からの「ポーラ美術館の歴史」から聞くことができるのだ。ある程度はバスの中やツアーのための解説の中で聴いた部分もあるし、展示もじっくり見たいので、14:00からのアンリ・ルソー、14:30からのフジタを聞くつもりだった。それまでの間に展示を見て・・・・の予定だったのだが、ざっと見終わったらもう3時近くになってしまっていたのだ。

 「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ」についてはこちら から。こっちのほうが内容については詳しい。

城壁に囲まれたパリの街。壁の外側には250mの建設禁止地帯があり、そこに多くの貧しい人が住み着いた。ルソーは郊外の美しさを描き、アジェは変化を記録に残した。フジタは外側の人間の視点から人間に焦点を当てて描いた。

アジェの肖像写真はなくなる6日前のものだと言う。彼は何を考え、この世のパリを後にしたのだろう。


 常設展は写真撮影OKのところが多くありがたい。

 

P1040356

モネの「散歩」。子どものころモネの絵に最初に惹かれたのはこんな感じの絵。絵の中からそよ風が吹いてくるように思えたのを今でも覚えている。

P1040360

 ルノアールのアネモネ。こんなに小さいとあまりよくわからないけれど、ルノアールらしい暖かさとやわらかさが伝わってくる。Cosはルノアールは静物画のほうが好きかも。

P1040377

モネの睡蓮の池。この絵は門外不出と言うわけではないけれど、ここにいらしたお客さんがいつでも確実に見られるようにと、あまり貸し出されることがないそうだ。

P1040383

セザンヌの砂糖壷、梨とテーブルクロス。これは逆に何度かほかのところで見たことがある。

P1040405

ラウル・デュフィのパリ。デュフィらしい音楽が聞こえてきそうな一枚。

ポーラ美術館はこれ以外にもいい物をたくさん持っていた。またもう一度何もないときにのんびり見に来たいような作品がたくさんある。

そして「古代エジプト、ギリシアから遊牧民族トルクメンの装身具まで」このトルクメンの装身具は世界でも有数のコレクションだと言う。

P1040434

P1040441

P1040453

 

そして、何よりもすごかったのがこれ。


P1040459
赤は血の色。刺繍は悪いものを内側に入れないためのもの。ここでつけている飾りは展示してあるものに比べるとずっと軽いのだが、それでも実際に持ってみるとかなりの重さだった。

トルクメンの女性はこうした花嫁衣裳で結婚する。

 朝から今にも降り出しそうだった空はすっかり雪。

P1040454
帰るころにはすっかり積もり、帰りのバスが渋滞で動けなくなって帰れないんじゃないかと思ったのも、帰りのバスの中で見たテレビのトップニュースに道路状況が出ていたのはまた別の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.03

美術館の初詣2017

ここしばらく思い通りに行動できないことも多かったけれど、今年はかなり自由に動けそうなので・・・(経済的にはかなり厳しいけれど)年の初めは美術館めぐりから。

まずは竹橋の国立近代美術館へ。1月2日は常設展の無料公開日の上に先着でプレゼントをいただける。お正月ならでは。

Img_1317

と言うわけで早起きをして整理券をいただく。ここで欲を出して草間弥生の図録をいただいたのだが・・・重い。ちょっと持っているだけならたいしたことはないのだが、これをもってあちこち回るのはかなり重さを感じるのだ。
 途中で宅配便を見つけたら家に送ってしまおうかと思ったのだが、そう都合よくは見つからない。結局家までもって帰った。おもかったぁ

Img_1308

企画展は「山田正亮の絵画」。これは昨年の暮れに見たのだが、Cosごのみの直線や矩形のものが多くとてもよかった。形は具象ではないが色は具象と言う感じだろうか。同じように見えて実は違っているたくさんの直線、どんな順序で塗っているのか、それさえもおもしろい。
 「何を描いているのか」ではなく「どう描いているのか」がとても面白くじっくりと楽しめた。

 が、この日はまだまだ次があるので、その足で国立近代美術館工芸館へ。

 で、工芸館でもメモ帳をいただく。先日来た時には工芸館は見なかったので、

Img_1323
 をじっくりと見てきた。日本のものはよくわからないけれど、このポスターの右下にもあるルーシー・リーの作品はやっぱりいい。
 このピンクも好きだし、この配色やバランスもすき。茶道具なんかはどこで見てもよくわからないまま・・・・もう少し年齢を重ねるとわかるようになるのかなぁ・・・

 ここから友達と(ほぼ一緒に)西洋美術館へ。
企画展は「クラーナッハ」だけど、これも年末にのんびり見たので、そっちに回った友達とは別にCosは常設へ。
 ここの常設はいつも企画展を見た後、比較的時間に追われてみることが多いので、今日はのんびり。

 「聖ミカエルと竜 14世紀シエナ派」

Img_1330

この14世紀の竜が普段イメージしている竜と違ってなんともかわいい。昔の話に出てくる竜はこういうイメージだったんだろうなぁ・・・普段見慣れている(?)猛々しく大きな竜(の絵)と比べると生活の中にいても不思議はない感じ。

 そして、廃墟のロベール

Img_1333


彼の絵を見ているとこんなところに行ってみたくなってくる。見に行くのではなく、その中で時を過ごしたくなる。

 クラーナッハを見終わった友人と合流して恵比寿へ。

食事をしてからTOPミュージアムへ。改修前は写真美術館だったんだけど、改修したら名前も変わってしまっている。なんとなくTOPと言うのはしっくりこないんだけど・・・でもここも1月2日は無料。

Img_1347
写真はかなり面白かった。3階と2階の展示室は最後のブロックのところに「撮影可」のコーナーもありちょっとうれしかった。

Img_1341
ミニチュアのように見えるのがとても不思議だった写真。これを見ていると東京タワーを見上げている人間の小ささを痛感する。人間は如何にはかなく小さいことか・・・

例年のように演奏されている雅楽を楽しんで美術館の初詣はおしまい。今年がどんな年になるのか皆目見当もつかないけれど、
心豊かに暮らせますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

ウフィツィ美術館

 今日は役所に行こうと思って予約の電話を入れたら、「当日の予約はできません」とのこと。
仕方がないので、明日の予約を入れて今日の仕事を明日に伸ばすことにしました。

と言うわけで、今日は「ぽかっ」と時間が空いてしまってなんとなく得をした気分。本来であれば、「掃除をする」とか「勉強をする」とかが正しい次官の使い方ではあるけれど、当然のことながら、「美術館にでも行こう」

と思ったのだが、昨日は祭日の月曜日なので、あちこちで今日は振り替え休館日。もちろん、そうじゃないところもあるし、そういうところを探していくしかないなぁ。

なんて思っているときに、ふと気がついた。10月8日(土)から有楽町の「ヒューマントラストシネマ有楽町」という言ったことのない映画館で「ウフィツィ美術館」が上映されているではないか。ウフィツィ美術館といえば、死ぬまでにはぜひ行きたいと思っている美術館のひとつ。予行演習にはならないかもしれないけれど、見て置いて損はないんじゃないかな。

しかも、ほかの映画館は2D上映なのにこのヒューマントラストシネマでは3D上映をやっているのだ。
と言うわけで
を見てきた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.06

あっという間に10月

 仕事をやめてからもう7ヶ月目の月初め、友達と一緒に「KENPOKU ART 2016 」へ。 自分たちで見て回るのはかなり大変そうなので、茨城県北芸術祭のダイジェストツアーに参加して観光バス。これが予想以上に面白くてまた行きたくなってます。 P1030863 日立駅に着くと駅のコンコースがこんな風にお出迎え。これから始まるツアーが楽しいものになりそうな期待。単にガラスに色をつけただけなんだけど、とても明るくていい感じ。(暗くなってからここに戻ってきたけれど、これはやはり昼間のほうがずっときれいだった)   P1030865 通路から外を見るとこんな感じ。  私たちが参加したのは「きらめき海コース」日立駅を10時に出発して郷土博物館、御岩神社、天心記念強羅記念館、六角堂などを回るコース。  お弁当とパスポートがついて5000円・・・・安くはないけれど歩かなくていいし(これは大きな間違いだったことが後でわかるが)時間の無駄も少ないだろうと言うことで一応許容範囲。  「中型のバス」と聞いていたので普通よりも小さいバスかと思ったらごく普通の観光バス。お客さんは16人ぐらい(だったと思う。みんな一人か二人できているのでおしゃべりも多くないし、添乗員もつく。  最初に行ったのは郷土資料館。ここではこれ。 P1030873 フィールドクリスタル。持ち上げると光が消え、下に置くと光りだす。でも、ここの常設に「日立風流物」の人形があって面白そうだった。 P1030882 実際にこれが演じられるところを見てみたいなぁ・・・・

次は御岩神社。 P1030902
ここは入り口でバスを降りて本殿までずっと上っていく。結構歩いたなぁ・・・

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.22

再び無職に

 昨日で今までの学校をやめました。籍は31日まであるけれど、もう行かない予定です。
今までの仕事は(数学以外は)とても面白かったし、担任をしていた生徒たちの卒業まではいたいと思ったけれど、家族のことを考えるとこれ以上は続けられない・・・・たぶん・・・

 もちろん今まで通り無理をして続けることはできるし、連れ合いを施設に預けて仕事を続けることも可能だけれど、そこまでして続けたいのかどうか・・・「数学」の面からはもう何もしていないし、できる環境でもなくなっているから惜しくはない。さらに口にしてしまえば愚痴にしかならないので具体的には言えないけれど、人を育てるという観点からすると意味のない仕事を続けていこうという気持ちがなくなってきているからもういいかな・・・・

 今日は「絶対に何もしない」と決めてのんびりと時間を過ごす一日。片づけものもたくさんあるけれど、何もせずにすごしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.01

新しい年の初めに

 また一年、また一年・・・今の仕事についてからあっという間に時間が過ぎていく。仕事はつまらなくはないし、やりがいもあるけれど、次第に弱っていく連れ合いがいると、朝6時半から夜9時までの仕事はあまりに厳しい。

 定年までまだ時間はあるし、体力的には問題がないけれど、時間のなさはいかんともしがたい。

 まだ在宅看護や介護が必要という段階までは来ていないのかもしれないけれど、それも時間の問題。

 そう考えるとこれ以上今の生活を続けていくのは限度があるという結論しか出てこなかった。まだ、今なら自分の時間も作れるし、共倒れになる可能性もなくなる。まだまだやりたいことはたくさんあるし、そのための時間も作れる。
まだまだ勉強したいこともたくさんある。

 本来数学を教えたくてこの仕事に就いたのに、今やっていることは解き方を覚えさせているだけの日々。違う教え方をすれば、Cosのクラスだけ成績が下がる。覚えこませることで「やれば点数がとれる」という形での刺激を与えて勉強することに意欲を持たせることが間違いだとはいえない。でもそれはCosがやりたかった仕事ではない。そういう仕事をここ数年続けてきた。
 そして出口では多額の奨学金をとらせて名もない大学に進学させる・・・高卒で就職してもろくな仕事がないのは事実だからそれよりはましかもしれない。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

アコーディオン

 ひとつ前の記事2014春の慰霊の集い--天徳寺にも書いたけれど、天徳寺で今回もアコーディオンを弾くことになった。
 伴奏なしならそんなに難しい楽器ではないとはいえ、借りて弾くのでは練習時間が余りに足りない。やはり自持ちの楽器がほしいかなぁとつくづく思ったので、検索。

一番安いのはこれ。

グレーのものはこれより6円高いらしい。赤よりも黒のほうが何となくうまそうに見える気がするけれどどうだろう??

TOMBOでその上の機種となるとこれ。

これぐらいが手ごろかなぁと思うけれど、ローランドやホーナーのものだと15万程度以上するけれど、こっちのほうがいいかなぁと思案中。


とか・・・

高い楽器になると余裕で200万ぐらいまでいくし、上はたぶんきりがないんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014春の慰霊の集い--天徳寺

2014年5月3日天徳寺の樹木葬の慰霊の集いに行ってきました。
今までだと前日から泊まることが多かったのですが、今回は母の希望もあって当日の朝(一応早朝)に出かけることにしました。

 家を5時半に出て、予定では8時過ぎにつくはずだったのですが……途中アクアラインで事故があり、アクアラインに入る前から渋滞。ここで30分以上かかってしまいました。事故はアクアラインに入ってすぐのところだったので、アクアラインに入ってからは早かったけれど、結果として着いたのは9時近く。

 ところがこれぐらいの遅れはまだましなほうで、午後になってから天徳寺に入った電話では「8時に家を出たけどまだアクアライン」という電話が13時過ぎにあって結局寺に着いたのは3時近くになったという方もいらして、4連休の初日の渋滞は半端なかったことが判明。それに比べればかなりましかな。

 ついて早々「アコーディオン」と言われてそこから会が始まるまではせっせと練習。1時間やそこらの練習でまともに弾けるわけでもなく、ともかくメロディを追っかける練習(爆)

 こんなことなら自持ちの楽器を買ったほうがいいかもしれないと思いつつも、「置くところはどうするんだ」状態。


 ともかくもぎりぎりまで練習をして屋外の慰霊の会の会場へ。風が強くて楽譜が飛びそうな感じ。何とか抑えて楽譜を見ながら演奏することに。
 余りの風に祭壇に置いたろうそくには火がつかないし、位牌(というのかな?)もすぐに倒れる。仕方がないので、ろうそくには火をつけず、位牌は後ろにちょうどそこにあったドリル(!)を重しにして倒れないようにした。後ろから見ると何ともかっこ悪いけれど、前からはほとんど見えないのでOKとする。

 まず最初は般若心境を住職のリードに合わせて全員で唱える。これはどこで息をするんだろうと不思議に思いながら住職に合わせようとするけれど、なかなかうまく合わない。

 「焼香が終わったら歌だなぁ」なんて思いながら唱え終わると住職が「焼香の前に歌」と言い出すではないか、さわやかな晴天だったけれど冷や汗をかきながらリードに合わせて一応演奏・・・・はぁ・・・やっぱり自持ちかなぁ・・・

 そのあとアコーディオンを抱えたまま焼香をしてから、寺に戻る。

 何とお手伝いの方の中に第9回メディア芸術祭で優秀賞をとったせきねゆきさんがいた。

 この不思議なちょっと土っぽいような色遣いが印象に残っていた人。(賞をとったかどうかは全然覚えてないけれど)たぶん前にもあっているんだけど、その時にはちゃんと話を聞いていなかったのかも。

 天徳寺の近くの一軒家に住んでいるのだという何ともうらやましい生活。マクロビにはあまり関心がなかったけれど、思わず

も買ってしまった(笑) でも、この土地に暮らして、土地のものを食べて生活する部分については本当にうらやましい。地元の人たちが作るようなみごとでおいしい野菜は作れないかもしれないけれど、ほんのちょっとの野菜を作って自分で食べる生活はいつかやりたいと思い続けている。それを実践しているのが本当にうらやましい。

 こうした不思議な人との出会いもここ。

Img_0362

父の木はすっかり大きくなって何度か選定を受けている。カミキリムシにやられていた根元の穴ももう虫には負けないくらいしっかり育ったし、まだまだ緑だけれど、小さな花も咲き始めめている。


 父の木の周りは一番最初に来た人たちの木だからどの木も大きくなり「樹木」の名にふさわしくなってきている。
この10年で「木の苗が植えてある」状態から「木が育っている」という状態にまでなったけれど、あと10年するとすっかり林になっているのかもしれない。


 一時はもうダメになるかと思われた花ももの木もたくさんの葉が出ていて、もう安心できるぐらい立派に成長した。

 どの木もそれぞれの歴史を作りながら大きくなってきている。そんな感じさえした。

Img_0372


Img_0375


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

川瀬巴水展

「忙しい、忙しい」と言いながらもお正月休みに千葉市美の川瀬巴水展を見に行ってきました。

どちらかというと風景画が好きなCosなので、
「浮世絵とは違う日本の木版画の風景」というところに惹かれて内からはちょっと遠いけれど行ってきました。
これは巡回展なので、しばらく待てば横浜高島屋や日本橋高島屋でもやるけれど、どうせ見るならやっぱり千葉市立美術館のあの雰囲気の中で見るのがいいかな。
Img_0312

 初期のものは浮世絵の景色だけを取り出した感じもするけれど、時代とともに雰囲気が変わってきている。
日本の各地を回って名所旧跡などの絵が多いんだけど、いわゆる観光案内の絵画版に当たるのかもしれない。
しかし、木版画ならではのやわらかさと色遣いが景色の(たとえ雪が降っていても)暖かさを感じさせてくれる。

 実のところ、日本の各地を描いたというイメージだけを持っていたので、そんなには期待していなかったのに実際には予想以上に時間をかけてじっくりと見てきてしまった。

 そして、そんな日本各地の絵を見ていたら、「この風景は実際にはどうなんだろう、見てみたい」と思ってしまうほどの宣伝効果も実感してきてしまった。これは今の生活が忙しすぎるからばかりではないだろうと思うけれど・・・どうかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.01

年の初めに

あけましておめでとうございます。

20140101001_4

 今年こそはとやりたいことはたくさんあるんだけれど、去年も思うようにならなかったし、今年だってあまり期待はできそうもない。

 今年は・・・というよりも四月始まりの生活を送っているので正しくは来年度はだけど・・・去年よりは楽な仕事に配属されるはずなので、今までよりあれこれできるんじゃないかと期待している一方で、「介護」の問題も遅かれ早かれ現実の問題となってきそうな予兆もある。

ま、介護の問題は今年はないかもしれないし、去年よりはやりたいことができると期待することにしましょう。

でもって、この冬休みの間に水戸と千葉市美に行きたいんだけど、どう考えても一日で両方はきつそう。2日は都心だろうし・・・う~ん、どうしようかなぁ


 

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«2013美術展ベスト